PCC、PoE受電部内蔵で屋外設置対応のネットワークカメラを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


PCC、PoE受電部内蔵で屋外設置対応のネットワークカメラを発売


掲載日:2008/09/05


News

 パナソニックコミュニケーションズ株式会社(PCC)は、屋外設置に対応し、様々な場所に容易に設置できるネットワークカメラ「BB-HCM547」を、9月25日より発売する。価格は、11万9800円となっている。

 「BB-HCM547」は、JIS C0920 IPX4相当(防まつ型)の防水性を備えた、屋外ドームタイプのネットワークカメラ。PoE(Power over Ethernet)受電部を内蔵し、イーサネットケーブルを介して電力供給できるため、電源確保のための工事が不要で費用を抑えながら、立体駐車場や商店街のアーケード、ガソリンスタンドなど、屋外に面している施設の天井部分へも容易に設置することができる。

 水平画角73度の広角レンズを採用し、パン(水平方向で左右合計350度、毎秒300度)/チルト(垂直方向で82度、毎秒80度)機能を搭載しているため、天井に設置した場合でも、下方のより幅広い範囲をモニタリングできるほか、光学2.3倍ズーム機能搭載により、必要に応じて特定個所を拡大表示することができる。これらの機能は、市販のセンサなどと連動させることで、ドアが開くなどセンサが反応した際に、センサ検知ポイントにネットワークカメラのレンズを向け、ズームアップすることや、MPEG-4形式でSD(HC)メモリカードに録画(要PC用録画ソフトなど)することも可能となる。

 PCや携帯電話に加えパナソニック製カーナビゲーションシステム「ストラーダ」HDDカーナビステーションからもBluetooth対応携帯電話を介してアクセスでき、出先の車中からカメラ画像を確認するといったことが可能となる。また、IPv6に対応しIPv4からIPv6へスムーズに移行できるほか、SSLによるデータ暗号化にも対応している。マルチカメラ機能により、最大16台のカメラを同一画面上に一覧表示することもできる。別途契約することで、パナソニックネットワークサービシズ株式会社が提供するダイナミックDNS(Domain Name System)サービス「みえますねっと」や、携帯電話向けサービス「みえますねっとLite」(いずれも有償)に対応する。


出荷日・発売日 2008年9月25日 発売
価格 11万9800円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023456


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ