VASCO、日本語表示のワンタイムパスワードカードリーダを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


VASCO、日本語表示のワンタイムパスワードカードリーダを発表


掲載日:2008/09/04


News

 株式会社VASCO Data Security Japanは、日本語を表示できるワンタイムパスワード生成用ポータブルカードリーダ「DIGIPASS 810」を、発表した。

 「DIGIPASS 810」は、80×14ドットの液晶ディスプレイに日本語や中国語などの漢字文字を表示できる、“EMV-CAP”(ICカードを使用した電子認証の世界標準規格)に対応したポータブルカードリーダ。“CAP-E”(ICカード付きクレジットカードの統一認証仕様)にも準拠し、ICチップを搭載したクレジットカード/キャッシュカードなどを活用した個人認証を可能とする。利用者は、利用開始時に自分のICカードを同製品に挿入してカードの暗証番号を入力することで、その都度異なるワンタイムパスワードがディスプレイ上に表示され、2要素認証が可能となる。

 本人確認用のパスワード生成機能に加え、取引内容の電子署名機能も標準的に提供することができる。トランザクションの内容に対して電子署名を行なうことで、サーバ側で内容の改ざん検知が可能となり、不正なトランザクションが実行されることを防止できるため、インターネット上の中間者攻撃を防御することができる。更に、“EMV”準拠のICカードであれば、同製品をカスタマイズすることにより様々なアプリケーションで利用することができる。

 同社の認証ソフトウェア「VACMAN Controller」に対応している。同ソフトウェアを3Dセキュア(パスワードによる本人認証)の環境に組み込むことで、クレジットカード内で生成されるワンタイムパスワードを利用し、より安全なオンライン決済を行なうことができる。ワンタイムパスワードを生成するには実際のクレジットカードを同製品に差し込み、カードの暗証番号を入力しなければ利用できないため、カード番号の漏洩やカードの盗難による悪用も防ぐことができる。



出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

Wi-Fi制御/VPN利用の強制 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】
認証 認証 認証 認証 認証
Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023445


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ