エムアイシー・アソシエーツ、ミドルウェア「metaSAN」新版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エムアイシー・アソシエーツ、ミドルウェア「metaSAN」新版発売


掲載日:2008/09/03


News

 エムアイシー・アソシエーツ株式会社は、スイスTiger Technology製の、SANファイル共有を可能とするミドルウェア「metaSAN」の新バージョン「3.1.1」を、発売した。

 「metaSAN」は、NTFS(NT File System)やHFS+(Hierarchical File System)など、Windows/Mac/Linuxのネイティブファイルフォーマットに対応し、共有ストレージであることを意識せずに読み書きできる環境を提供するミドルウェア。メタデータマスタのフェイルオーバー機能を備え、24時間365日停止させない環境をサポートする。ビデオ編集のためのアプリケーションにも対応し、高速なファイル共有に加え、一定のサービスレベルが必要なサーバや、ワークステーションへの割り当て機能、連番ファイルの読み書き性能の向上、クリエイティブなワークグループのコラボレーション環境の構築を可能とする。

 今回の新バージョンでは、Mac OS X Leopard Serverをフルサポートし、Mac OS X Leopard Serverをメタデータマスタとして使用可能となった。Mac OS XからNTFSボリュームのWordファイルが使用可能となり、Mac OS X LeopardからNTFSボリュームのゴミ箱を空にできるなど、Macユーザ側での使い勝手改善が図られている。Mac OS X SANメンバーはSAN上で、Windowsマシンにより設定されたGPT(GUID Partition Table)ディスク上のストライプされたNTFSボリュームのマウントが可能となり、同じGPTディスク上の複数NTFSボリュームにSANディフィニッションを加えることができる。

 また、Mac OS X LeopardでのNTFS SANボリューム上のFinal Cut Pro(FCP)のサポートを最適化し、FCPユーザへより安定した使用環境を提供する。Windowsプラットフォームでは、Adobe CS3との互換性の改良や、SANまたはLANクライアントマシンからのファイルオペレーションを改良し、安定性の向上が図られている。なお、「metaSAN/metaLANライセンス維持保証サービス」利用期間中のユーザは、無料で新版にアップデートすることができる。


出荷日・発売日 2008年9月1日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023439


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ