dit、セキュリティ事故を解析するフォレンジックツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


dit、セキュリティ事故を解析するフォレンジックツールを発売


掲載日:2008/09/03


News

 株式会社ディアイティは、独X-Ways Software Technologyが開発したコンピュータフォレンジック(鑑識)ツール「X-Ways Forensics」を、発売した。価格は、1ライセンスで38万円となっている。

 「X-Ways Forensics」は、情報漏洩などセキュリティ事故の際に、PCに接続されたHDDやUSBメモリを解析し、インシデント(保安上の脅威となる現象や事案)の原因や、不正行為の証拠となるデジタルデータを取得できるコンピュータフォレンジックツール。バイナリエディタ「WinHEX」をベースとした解析/検索機能を装備したソフトウェアと、HDD複製用の「X-Ways Replica」、ブラウザの履歴を解析する「X-Ways Trace」を付属したパッケージとして提供され、情報収集から解析、報告書作成まで様々なレベルの関係者が同じワークフローを共有することでフォレンジック作業を効率化することができる。

 「X-Ways」フォレンジックファミリー製品には、技術者レベルと調査内容に合わせたラインアップが用意されており、調査に求められるボリュームの詳細情報を容易な操作で把握することができる。更に稼働中のコンピュータから情報を取得するツール「X-Ways Capture」では、システム稼働を停止させずにデータの取得と証拠の保全が可能で、暗号化処理されたシステムからも情報を取得することができる。また、インターフェースとマニュアルは日本語に対応しており、初心者にも使いやすい操作性と専門家向けの機能を兼ね備えている。「X-Ways Forensics」は、フォレンジックに加え、IT統制のための監査やPC/サーバの利用状況調査、システムバックアップ、障害復旧などにも利用することができる。


出荷日・発売日 2008年9月3日 発売
価格 1ライセンス:38万円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フォレンジック」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フォレンジック」関連情報をランダムに表示しています。

「フォレンジック」関連の製品

NetRAPTOR 【トーテックアメニティ】 フォレンジックソリューション 【ギガ】
フォレンジック フォレンジック
大容量データも逃さずキャプチャ。添付ファイルも含めた日本語全文検索、リアルタイム通知など、機能充実の国産ネットワークフォレンジックサーバ。 ネットワークフォレンジックで最も重要な通信データの証跡を、長期間確実に、かつ低コストで保存できるようにワンパッケージとしたソリューション。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023431


IT・IT製品TOP > 運用管理 > フォレンジック > フォレンジックのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ