KGT、Kaspersky製セキュリティ製品のSOHO向けパッケージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KGT、Kaspersky製セキュリティ製品のSOHO向けパッケージを発売


掲載日:2008/09/02


News

 株式会社ケイ・ジー・ティーは、株式会社Kaspersky Labs Japanがライセンス提供する法人向けセキュリティ製品「Kaspersky Open Space Security」のSOHO向けパッケージを、発売した。ソフトバンクBB株式会社を通じて販売され、価格はオープン価格となっている。

 今回発売されたのは、同製品の中の「Kaspersky Work Space Security」と「Kaspersky Business Space Security」。それぞれ5/10/25ユーザ版の3つのパッケージが用意されている。「Kaspersky Work Space Security」は、ノートPCやワークステーションを対象としたセキュリティ対策を行ない、ウイルス/スパイウェア/ハッカー攻撃/迷惑メールなどからワークステーションを保護する。「Kaspersky Business Space Security」は、ワークステーションやファイルサーバに対するセキュリティ対策を行なう。

 「Kaspersky Work Space Security」の保護機能に加え、トロイの木馬やワームなど、ネットワークに設置されたファイルサーバ上の共有ファイルによる感染から保護するほか、ネットワークを経由したウイルスの拡散を防御する。両製品とも、管理ツール「Kaspersky Administration Kit」が同梱され、リモートインストールやポリシーの一括設定、状況把握など、一元管理を行なうことができる。


出荷日・発売日 2008年9月1日 発売
価格 オープン価格
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 次世代型アンチウイルス プロテクトキャット Powered by Cylance 【エムオーテックス】 ランサムウェア対策ソフト 「RANSOMFILTER」 【Jiransoft Japan】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 AIがウイルス対策ソフトの限界を超える 未知の脅威を防ぐ技術 【富士通】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 人工知能を活用した次世代型アンチウイルス。マルウェアの隔離から流入経路追跡までが可能。 ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版により180日間の試用ができる。 あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 1日に100万を超える新種が誕生? マルウェアの脅威を検知する最新技術とは

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023422


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ