ロジックリンク、共用レンタルサーバでスパムフィルタ機能を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロジックリンク、共用レンタルサーバでスパムフィルタ機能を提供


掲載日:2008/09/02


News

 株式会社ロジックリンクは、共用レンタルサーバ「アスカレンタルサーバー」の全プランで、スパムフィルタ機能の提供を、開始した。

 「アスカレンタルサーバー」では従来、RBL(Realtime Black List)を利用し、SMTP接続に来たホスト名やFrom/Toのドメイン名がブラックリストに含まれた場合に迷惑メールとして判定し、駆除していた。今回提供されるスパムフィルタ機能では、メールアドレスやドメイン名を登録することで、同じメールアドレスやドメイン名からのメールを拒否することができる。

 設定は、ユーザ自身がWebメールで行なう。メールアドレスを登録することでそのアドレスからのメールを許可できるほか、受け取ったメールアドレスをクリック操作で拒否/許可にすることができる。ドメイン単位での拒否/許可も可能となっている。また、許可した以外のすべてのメールを拒否できる“簡易拒否設定”も用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フィルタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フィルタリング」関連情報をランダムに表示しています。

「フィルタリング」関連の製品

DNS防御のベストプラクティス――脅威対策の導入と同時に実行すべき6つの項目 【アカマイ・テクノロジーズ】 サイトアンパイア 【アルプス システム インテグレーション+他】 これまでのセキュリティ対策で防げないDNSの悪用から、どう企業を守ればいい? 【アカマイ・テクノロジーズ】 なぜ「再帰DNS」は標的型攻撃で狙われやすいのか? 【アカマイ・テクノロジーズ】 Webフィルタリングソフト InterSafe WebFilter 【アルプス システム インテグレーション】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング
DNS防御のベストプラクティス――脅威対策の導入と同時に実行すべき6つの項目 ルータ一体型のURLフィルタリングサービス。ルータでの一括設定/管理で、運用の手間やコストを削減。簡単な設定と分かりやすいカテゴリで中小規模オフィスに最適。 これまでのセキュリティ対策で防げないDNSの悪用から、どう企業を守ればいい? なぜ「再帰DNS」は標的型攻撃で狙われやすいのか? Webの閲覧やSNS、Webメール等の利用を規制・管理するソフトウェア。携帯キャリア独占の高品質データベースと使いやすさにこだわったログ分析機能を搭載。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023417


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ