NECDS、二酸化炭素排出削減量を表示できる液晶ディスプレイ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECDS、二酸化炭素排出削減量を表示できる液晶ディスプレイ発売


掲載日:2008/09/01


News

 NECディスプレイソリューションズ株式会社は、二酸化炭素排出削減量を“カーボンメーター”で表示でき、消費電力を抑える“ECOモード”を搭載した液晶ディスプレイ3機種を、9月8日より順次発売する。価格は、オープン価格となっている。

 今回発売されるのは、24.1インチワイドでWUXGA(1920×1200ドット)に対応した「LCD-EA241WM」と、22インチワイドでWSXGA+(1680×1050ドット)対応の「LCD-EA221WM」、19インチでSXGA(1280×1024ドット)対応の「LCD-EA191M」の3機種。それぞれブラックモデルも用意されている。“ECOモード”に設定することでブライトネス(明るさ)の最大値を制限し、消費電力をそれぞれ38W/27W/27Wに削減することができる。また、“カーボンメーター”により、電源オン時/パワーマネジメント機能動作時の積算した省エネ効果を二酸化炭素削減量(kg)で表示でき、地球環境への負荷低減を確認することができる。本体にリサイクル樹脂材料を使用するなど、地球環境に配慮した設計なども行なわれている。

 画面を見やすい位置に設定できる上下110mmの幅を持つ高さ調節と、パネルを90度回転させ縦型表示が可能なピボット機構とを併せ持つスタンドを標準で装備している。また、視感的操作が可能な十字ファンクションキーを備えており、OSD(オンスクリーンディスプレイ)操作を簡便にしている。また、デジタル(DVI-D)/アナログ(ミニD-SUB15ピン)の2系統入力を標準装備し、2台のPCを同時に接続でき、前面ボタンのタッチ操作で切り替えることができる。出力1W+1Wのステレオスピーカーと、ヘッドホン端子も装備している。

 「LCD-EA241WM」/「LCD-EA221WM」は、USB 2.0に対応したアップストリーム×1/ダウンストリーム×4のUSB端子を装備し、最大4台の周辺機器を接続することができる。「LCD-EA241WM」/「LCD-EA191M」は、マルチディスプレイ環境の時など、画像表示の妨げにならないように電源ランプの輝度を調節できる“LEDブライトネス調節機能”を備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他PC関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他PC関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他PC関連」関連の製品

Apple製品 トータルサポートサービス 【ウチダエスコ】
その他PC関連
Apple製品の正式代理店として認可を受けているウチダエスコによる、エンタープライズ環境も視野に入れたAppleのサーバー、端末などの導入全般をサポートするサービス。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023397


IT・IT製品TOP > PC > その他PC関連 > その他PC関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ