VASCO、大量発送に適したワンタイムパスワードトークンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


VASCO、大量発送に適したワンタイムパスワードトークンを発売


掲載日:2008/09/01


News

 株式会社VASCO Data Security Japanは、銀行や大企業での大規模な利用向けのワンタイムパスワード認証トークン「DIGIPASS GO 7」を、発売する。

 「DIGIPASS GO 7」は、厚さ10ミリ未満/重さ13グラム未満とコンパクトなワンボタン式の認証トークン。外部からWebサイトや社内ネットワークにリモートでアクセスする際の認証デバイスとして利用でき、その都度異なるパスワードを動的に生成するため、インターネット詐欺の様々な攻撃を防御することができる。従来モデルより大きくコントラストに優れた液晶表示を採用し、ワンタイムパスワードの視認性を向上させている。また、定型郵便物の範囲内で発送できるほか、堅牢性に優れ、防水機能も備えているため、顧客への大量発送時にも郵送コストを抑えることができる。

 ホスト認証機能による相互認証も可能で、ビジネスパートナーのWebサイトやアプリケーションにアクセスする際、そのサイトが正規のものかどうかをホスト認証により利用者自身が確認することができる。ホスト認証を行なう際は、同製品が長いワンタイムパスワードを生成し、その冒頭の一部分のみを液晶に表示する。利用者が表示されたパスワードの一部を、アクセスしようとしているWebサイトやアプリケーションに入力すると、サーバ側ではユーザ名とパスワードからパスワードの後半部分を計算して利用者に返す。利用者がもう一度ボタンを押すとパスワードの後半が表示されるため、サーバ側から返されたパスワードと一致しているかどうかを確認することで、信用できる正規のサイトにアクセスしていることを証明することができる。

 ソフトウェアベースの認証を行なう「DIGIPASS for Web」と併用することで、電子署名の機能も利用することができる。また、オープンな認証仕様“OATH”(initiative for Open AuTHentication)にも準拠している。



出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

法律家に聞いた!不正送金への対策と、被害に遭ったらすべきこと 【KDDI】 高水準SSLサーバ証明書 SureServer/SureServer EV 【ソフトバンク コマース&サービス】 新しい働き方を成功に導く、無線LAN環境に必要な“第3”の認証基盤とは何か 【日本ヒューレット・パッカード+他】 従業員約20人の中小企業が、大企業並みのモバイルセキュリティを実現した理由 【日本マイクロソフト】 手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】
認証 認証 認証 認証 認証
法律の専門家に聞いてみた:もし不正送金されたらどうなる? 世界で高い評価を受けるSSLサーバ証明書。証明書の発行にありがちな煩雑な手続きを極力省き、確かな企業審査を行った信頼性の高い証明書をスピーディに発行する。 スマートデバイスを活用するためには社内の無線LAN化は必須だ。だが、ユーザーIDとパスワードだけの簡単な認証基盤ではセキュアな環境を構築できない。 従業員約20人の中小企業が、大企業並みのモバイルセキュリティを実現した理由 サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023395


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ