データシナプス、「FabricServer」をVMware VirtualCenterに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


データシナプス、「FabricServer」をVMware VirtualCenterに対応


掲載日:2008/08/29


News

 データシナプス株式会社は、グリッドコンピューティング技術をベースとする製品「FabricServer 2.6」で、VMware VirtualCenter(仮想化されたIT環境のプロビジョニング/監視/管理を提供するヴイエムウェア株式会社のサーバ仮想化製品)のネイティブサポートを開始すると、発表した。

 「FabricServer 2.6」は、VMwareによる仮想化インフラ上で実行されるエンタープライズアプリケーション利用時のシステムの割り当て(プロビジョニング)を、グリッド技術により自動化する製品。IT部門のリソースや運用コストの削減を支援し、クリティカルなビジネスアプリケーションを迅速に展開可能とする。OSやミドルウェア、アプリケーションテンプレートなどから、仮想化アプリケーションを動的に構成し、データセンタ内の複数のサーバに対してシステムの割り当てを自動的に行なうことができるため、仮想イメージのためのストレージを最大で80%削減することができる。

 直観的なインターフェースを備えたツールと自動化されたプロセスを利用することで、アプリケーションのプロビジョニングを、データセンタの物理インフラや仮想化インフラ上でハードウェアを意識せず容易に実行できるため、手動によるタスクを減少可能となる。これによりエラーの問題が軽減されるほか、データセンタでの人的リソースによるアプリケーションのプロビジョニングやメンテナンスにともなう作業を簡素化することができる。

 今回の「VMware VirtualCenter」のサポートにより、グリッド技術を利用して仮想化にともなうリスクやコストを抑制しながら、仮想化環境をより迅速に導入可能となる。VMwareのみを使用する場合に比べ、サーバの利用効率を向上させ、高度なエンタープライズアプリケーションを仮想化インフラストラクチャ上でスムーズに実行することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース −−−

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023380


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ