日本IBM、CATIA/ENOVIAなどの機能を統合したPLMソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、CATIA/ENOVIAなどの機能を統合したPLMソフトを発売


掲載日:2008/08/28


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、製品開発の統合/簡素化/迅速化を支援するPLM(プロダクトライフサイクルマネジメント)ソリューション「PLM V6R2009」を、9月8日より発売する。

 「PLM V6R2009」は、製品設計や開発/製造など、製品のライフサイクルの様々な局面を統合的に管理するソフトウェア製品。同社の、3次元デザインソリューションを提供する「CATIA」やコラボレーション機能を持つ「ENOVIA」など従来のPLM関連製品が持つ機能を統合している。“グローバル・コラボレーション機能”により、世界的に分散した環境でも、設計や調達など様々なコラボレーションの実施が容易となり、製品化までの時間を短縮することができる。

 実世界と同様の外観と動作を持つ3D(3次元)のプロダクトモデルを3Dビューワで検索することなどが可能な、直感的なインターフェースを備え、ビジネスユーザから消費者の範囲まで、製品を実感することができる。また、Webテクノロジーを使用したリアルタイムな情報管理が可能で、同社のインスタントメッセージング/ソーシャルネットワーキングなどWeb 2.0対応のオファリング(パッケージ化されたサービス)と併用して、3次元形状や部品表の情報を即座に確認できるなど、リアルタイムで容易なコラボレーションが可能となっている。

 SOA(サービス指向アーキテクチャ)に対応し、SCM/CRMなどのエンタープライズソリューションや従来のレガシーシステムとの融合を可能とする。これにより、全社にわたる業務プロセスおよびサプライヤーも含めた企業グループ内で、PLMの持つ製品情報データを活用できるほか、単一のDBや容易なインストールによりITコストの軽減を支援する。また、「WebSphere」/「DB2」/「Rational」/「Tivoli」/「Lotus」など同社のソフトウェアグループ製品のPLM関連アプリケーションと連携し、IT環境の構成/運用管理や、ソフトウェア管理、設備資産管理など、柔軟なシステム構築が可能となっている。

 なお同製品は様々なモジュールで構成されており、一般的な製品デザインとライフサイクル管理のための「CATIA メカニカル・デザイン」と「ENOVIA VPM Liveコラボレーション」で構成した場合の価格は、342万円となっている。


出荷日・発売日 2008年9月8日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PLM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PLM」関連情報をランダムに表示しています。

「PLM」関連の製品

PLMソリューション「Obbligato III」 【NEC】 PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」 【コア】
PLM PLM
さまざまな技術情報を統合管理し、グローバル開発における製品情報共有基盤を構築。
電機・機械を始め幅広い業種の企業で採用されている国内トップシェアのPLM製品。
BOMの管理、設計成果物の管理、承認情報の管理など、PLM/PDMとして必要な機能を実装し、小規模での導入も可能なPLM/PDMソリューション。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023364


IT・IT製品TOP > 情報システム > PLM > PLMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ