センドメール、メール誤送信による情報漏洩を防止する機能を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


センドメール、メール誤送信による情報漏洩を防止する機能を提供


掲載日:2008/08/28


News

 センドメール株式会社は、メールセキュリティの統合運用/管理ソフトウェア「Mailstream Manager」のオプションとして、メール誤送信による機密情報漏洩を防止する機能“Document Fingerprinting”を、12月末より提供する。価格は、オープン価格となっている。

 「Mailstream Manager」は、メールゲートウェイからメールボックスまですべてのメールシステムを対象に、ウイルス/スパム対策や情報漏洩防止、誤送信防止、コンプライアンスのためのメールポリシー設定/実施を、WebベースのGUIで一元的に行なうことができるソフトウェア。今回提供される“Document Fingerprinting”機能では、企業内の文書の識別子として暗号化された文字列による“フィンガープリント”を自動生成し、ポリシーに従って、メール添付による送信を制御することができる。

 「Mailstream Manager」のWebベースの管理画面から、企業内の既存のファイルサーバの中で保護対象となるファイルを指定すると、ファイルごとに特徴的な文字列を抽出した“フィンガープリント”が自動生成され、専用のDBにインポートされ蓄積される。メール添付で送られるファイルに“フィンガープリント”に一致するデータが含まれていると、設定したポリシーが適用されて送信中止などの処理が行なわれる。

 1つのファイルに対して“フィンガープリント”は複数生成され、これらを総合して一致の確率を算定し“Compliance Score”が表示される。「Mailstream Manager」は、LDAP(Lightweight Directory Access Protocol)など外部のデータソースと連携させることで、組織や取引先/顧客データと照合して詳細なポリシー設定を行なうことができるため、“フィンガープリント”の一致率によって詳細に制御することができる。

 “フィンガープリント”は圧縮率が元のファイルの200分の1で、ファイルごとにキーワードを検索する方式に比べ迅速に検索でき、業務への影響を抑えることができる。対象となる文書ファイルはWord/Excel/PowerPoint/テキストなどで、SMTPによるメール送信に加え、FTPやWebメールにも対応可能な“ICAP”(Internet Content Adaptation Protocol)にも対応した。なお、「Mailstream Manager」のオプションのほか、同社が発表した仮想アプライアンス「Sentrion MPV」にもオプション搭載される。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

CLEARSWIFT SECURE Email Gateway 【日立ソリューションズ】 メールセキュリティソリューション Proofpoint 【日商エレクトロニクス】 標的型メール攻撃対策ソリューション Active! zone 【クオリティア】 Barracuda Essentials for Email Security 【バラクーダネットワークスジャパン】 ユニゾン・キャピタルが“最終保険”用に選んだセキュリティソリューションとは 【パロアルトネットワークス】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
送信メールの本文や添付ファイルの内容から機密情報の有無をチェック。
ウイルス、スパム、暗号化といったメールセキュリティに関する機能もまとめて提供。
クラウド型サンドボックスによりメールを介した未知の標的型サイバー攻撃を検知し、悪意ある添付ファイルやURLをブロックする「Targeted Attack Protection」などを提供。 メールによるウイルスや標的型攻撃を無害化するソリューション。業務上必要なメール運用の妨げとならないような機能を搭載し、安全性と業務効率を両立する。 高度な標的型攻撃対策、メールの保管、暗号化と情報漏えい対策、ならびにアーカイブ機能を提供するクラウドベースのメールセキュリティサービス。 ユニゾン・キャピタルが“最終保険”用に選んだセキュリティソリューションとは

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023353


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ