3PAR、同社のストレージサーバ向けの管理コンソールなどを発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


3PAR、同社のストレージサーバ向けの管理コンソールなどを発表


掲載日:2008/08/27


News

 3PARは、同社のユーティリティストレージ「3PAR InServストレージサーバ」の可視性と制御/管理機能を提供する管理インターフェース「3PAR InFormマネージメント・コンソール」を、発表した。

 「InFormマネージメント・コンソール」では、表形式データを容易にフィルタし、重要なシステム情報に迅速にアクセスできるほか、少ないマウスクリックでボリューム設定が可能なウィザードが用意されている。また、バーチャルドメインを統合管理するための、全接続システムに関するユーザ管理や詳細情報を含むすべてのバーチャルドメインの一覧機能を備えている。

 チャート機能では、特定オブジェクトを個別に、または複数システムのデータを同一チャートに集約してグラフ表示でき、更にチャート設定を保存することができる。CSV(カンマ区切り)またはHTMLファイル形式で同コンソールのデータをエクスポートすることもできる。また、1台で複数の「InServ」に対する様々な物理/論理オブジェクトの操作/計測が可能となっている。

 また同社は、異機種が混在する複雑なIT環境の管理を可能とする“SMI-S”(Storage Management Initiative Specification)プロバイダの拡張も、発表した。“SMI-S”は、ネットワーク化された異機種混在のストレージデバイス/管理アプリケーションがサポートする共通のオープンストレージ管理インターフェースで、同社の“SMI-S”プロバイダは、SNIA(Storage Networking Industry Association)の規格に準拠したオープンAPI(アプリケーションプログラミングインターフェース)となっている。同社はこれを使用して、「InServ ストレージ・サーバ」のディスカバリ機能/モニタリング機能/管理機能をそれぞれ開発した。

 “ボリューム・プロビジョンニング機能”により、ユーザはストレージボリュームのディスカバリ/モニタリングに加え、“SMI-S”クライアントを使用して“3PARベース・ボリューム”を積極的に作成し、プロビジョンニングすることができる。ポート/仮想容量/物理容量の性能統計情報を取得できる機能も備えている。また、LUN(論理ユニット番号)マスキング/マッピング機能により、ファイバチャネル/iSCSI(internet SCSI)接続のいずれでも、ストレージボリュームとホストとの可視状態を確認することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「iSCSI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「iSCSI」関連情報をランダムに表示しています。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023336


IT・IT製品TOP > ストレージ > iSCSI > iSCSIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ