採用:アルファ、「SAP ERP」をグローバルレベルで導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:アルファ、「SAP ERP」をグローバルレベルで導入


掲載日:2008/08/26


News

 SAPジャパン株式会社と株式会社アルファ、株式会社アトムシステムは、アルファがSAPの基幹業務ソフトウェア「SAP ERP」の採用を決定したと、発表した。

 アルファは、自動車/住宅/産業機器/ロッカーなど様々な分野にキー(鍵)とキーレス商品を提供する総合ロックメーカー。会計、販売、購買/在庫や生産などの管理を独立したシステムで管理しており、月末や決算時などに各データを抽出し、個人の経験とノウハウに依存した情報管理を行なってきた。海外4拠点(アメリカ/メキシコ/中国/タイ)との連携も同様の状況となっている。

 こうした状況を改善するため、アジア諸外国の言語/通貨/法規制にも対応した「SAP ERP」が採用された。アトムシステムは、基本構想設定、要件定義、システム設計/開発、運用サポート、チェンジマネジメントを担当している。これにより、アルファは財務/管理会計、販売管理、在庫/購買管理、生産管理機能を備えた経営システム基盤の再構築を行なう。また、従来の業務管理方法そのものを見直し、SAPのテンプレートにアルファの業務管理をあわせるという手法で、社内の業務改革も行なう。現在社内では、日次生産計画、原価整備、予算策定、マスターデータの整備、内部統制の5つの業務改革チームを発足させ、システム稼働に合わせた社内業務改革を進めている。

 これによりアルファは、企業内の業務管理システムをスリム化し、システム管理そのものに加え全社的に作業時間とコストの削減を目指す。導入後は、精度に優れた情報の“見える化”を可能とすることで、予実差異分析や、適正な在庫管理やリードタイム(発注から注文品到着までの期間)の短縮、生産管理、会計などのさらなる精度向上、決算の早期化、内部統制/コンプライアンスの強化などを行ない、グローバルレベルでの収益性向上を図る。「SAP ERP」を2009年4月に国内、2010年中にはすべての海外拠点で本格稼働し、会計や生産管理などすべての業務管理をグローバルレベルで統合する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「生産管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「生産管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「生産管理システム」関連の製品

FutureStage 製造業向け生産管理システム 【日立システムズ】 生産管理システム AMMIC/NetP 【電通国際情報サービス】
生産管理システム 生産管理システム
生産管理・販売管理・在庫管理・技術管理・購買管理がシームレスに連携した製造業向け基幹業務統合ソリューション。 組み立て系からプロセスまで、製造業の幅広い業種に対応する純国産の生産管理パッケージ。様々な管理指標の切り口での正確な原価の把握を可能にする。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023333


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 生産管理システム > 生産管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ