キヤノン、光学40倍ズームレンズ搭載のネットワークカメラを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、光学40倍ズームレンズ搭載のネットワークカメラを発売


掲載日:2008/08/26


News

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、ライブ映像のモニタリングや監視を優れた画質で行なうことができる「キヤノン ネットワークカメラ VB-C60」(シルバー)/「VB-C60B」(ブラック)を、10月上旬より発売する。価格は、いずれも19万8000円となっている。

 「VB-C60/VB-C60B」は、幅142mm×奥行き142mm×高さ149mm(カメラ本体のみ、ゴム足除く)と小型のネットワークカメラ。光学40倍のオートフォーカス機能付きズームレンズを備え、カメラを上下/左右方向に動かすパン/チルト機能により、1台のカメラで広い範囲をカバーでき、店舗や工場、駐車場、プラント施設など様々な設置環境に柔軟に対応することができる。同社の映像圧縮通信エンジン“DIGIC NET”を採用し、640×480ピクセルで画質に優れたJPEGと、毎秒30フレームのMPEG-4映像を同時に配信することが可能となっている。

 背景が明るく被写体が暗い場合でも被写体を見やすく映し出す“スマートシェード補正”や、設置場所が振動してもブレを抑えた映像が取得可能なブレ補正機能も搭載している。感度に優れたCCD(電荷結合素子)採用により0.7ルクスで毎秒30フレームのカラー撮影が可能なほか、照度によってカラー撮影と白黒撮影を自動的に切り換える“デイナイト自動切り換え”など様々な機能も内蔵している。また、最大4台のモニタリング映像を記録できる録画ソフトウェア「VK-Lite V2.0」を同梱しており、モニタリング環境を容易に構築することができる。

 LANケーブル1本でデータ転送と電源供給が可能なPoE(Power over Ethernet)機能を搭載し、電源ケーブルの工事が不要なため、設置のコストを抑えることができる。また、Webブラウザを使用して映像のモニタリングやカメラ制御を行なうことができる。カメラ本体に搭載されている、人や物体の動きによって生じる映像の変化を検知する“動き検知機能”と連動して映像をアップロードすることや、音声を再生することもできる。オプションのネットワーク録画ソフトウェアを使用することで、最大64台のカメラ映像をネットワーク経由で同時に録画することが可能となる。


出荷日・発売日 2008年10月上旬 発売
価格 19万8000円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023332


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ