コンピュータダイナミックス、RAID装置の1TB HDD搭載モデル発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コンピュータダイナミックス、RAID装置の1TB HDD搭載モデル発売


掲載日:2008/08/25


News

 コンピュータダイナミックス株式会社は、SATA(シリアルATA)ベースのRAID装置「CDS1600」に、1TB SATA HDD搭載モデルを追加し、発売した。

 「CDS1600」は、3u(1u=44.45mm)ラックマウント型で、SATA HDDを16台まで搭載でき、ホストインターフェースとして4Gbps FC(ファイバチャネル)またはUltra320 SCSIを備えたRAID装置。RAIDコントローラ“ASIC400”を搭載し、キャッシュ読み込みが毎秒780MB、ディスク読み込みが毎秒548MBのパフォーマンスを提供する。高速イメージデータ転送に適した“AV最適化モード”を備えており、メディアにエラーがあるHDDからデータを迅速に検知して、反応が遅いHDD上のデータブロックを他のアレイメンバーから生成することで遅延を回避し、迅速で継続的なデータ転送を可能とする。また、512/1024KBと大きなストライプサイズをオプションで設定でき、ストレージからの大容量ファイルのシーケンシャル読み書きのI/Oサイズをアプリケーションごとに最適化可能となっている。

 HDDが同時に2台故障した場合でもデータを修復可能な、RAID6をRAIDコントローラのハードウェア機能として標準搭載している。また、ディスクアクセスのない時間にディスクスキャンを実施し、問題のあるブロックを事前に検出するメディアスキャン機能も備えている。設定時間を過ぎるとHDDのモーターをスピンダウン(回転停止/減速)させる省電力機能“ドライブスピンダウン機能”は、消費電力コマンドに対応し、ドライブスピンダウン時はバックアップコマンドが有効な場合のみI/Oが動作する。RAIDコントローラがホストからバックアップコマンドを受信していない場合は、ドライブをアイドルモードに入れて消費電力を節約することができる。

 管理ソフトウェア「RAIDWatch マネジャー」は、グラフィカルにディスクアレイ装置の各要素を表示し、装置の構成におけるプロセスの簡素化を提供する。同ソフトは異なるプラットフォーム上でローカルに実行でき、「CDS1600/1700」の設定/監視などのRAIDサブシステム管理を行なうことができる。オプションとして、ストレージハードウェアでの処理によってホストCPUの負荷を軽減する、“コピーオンライト方式”のスナップショット機能を追加した管理ソフトウェア「SANWatch」も選択可能となっている。


出荷日・発売日 発売済
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 Windows/Linuxの仮想/物理/クラウド対応【Arcserve UDP】 【Arcserve Japan】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 導入から運用までとにかく簡単。データ量が増加する仮想化基盤に強く、仮想ホスト単位でわずか8万円という低価格で、災害対策まで実現できるイメージバックアップ製品。 サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023309


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ