バッファロー、2シリーズのHDDにシステムの監視機能を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


バッファロー、2シリーズのHDDにシステムの監視機能を追加


掲載日:2008/08/22


News

 株式会社バッファローは、RAID5機能を搭載しeSATA(外付けシリアルATA)とUSB2.0に対応したHDD「HD-QSSU2/R5」シリーズ/「HD-RQSSU2/R5」シリーズをバージョンアップし、管理ユーティリティ/ファームウェアの同社Webサイトでの提供を、開始した。

 今回のバージョンアップでは、管理ユーティリティによりシステムの運用状態を常時監視し、ログ記録に加え定期的にポップアップメッセージやメールによる通知が可能となっている。障害発生時にも同様に通知される。また、RAIDメンテナンス機能により、定期的にRAIDアレイで読み込みチェックを行ない、不良セクタが発生した場合は自動的に訂正される。不良セクタが増加した場合、ディスク交換などの警告通知も行なわれる。なお、これらの機能を利用するには、本体ファームウェアのバージョンアップと「RAID管理ユーティリティ」のインストールが必要となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023303


IT・IT製品TOP > ストレージ > 外付けHDD > 外付けHDDのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ