KCCS、リモートアクセス端末認証/検疫サービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KCCS、リモートアクセス端末認証/検疫サービスを提供


掲載日:2008/08/22


News

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は、企業イントラネットへの安全なリモートアクセスを可能とする端末認証/検疫サービス「CAREN」(Controlled Access to Remote Enterprise Networks)を、9月1日より提供する。

 「CAREN」は、インターネットなど社外ネットワークから社内イントラネットへアクセスする際に、事前に許可されたPC端末であるかどうかを、MACアドレスやUUID(汎用一意識別子)などの端末情報を基に“端末認証”できるサービス。ユーザごとまたはグループ単位で、固定ID/パスワード認証やワンタイムパスワード認証を柔軟に組み合わせることができるため、利用用途やセキュリティレベルに応じて適切な端末認証を実施することができる。

 また、“検疫”を組み合わせることで、Windowsセキュリティパッチやアンチウィルスソフトウェアが適用されていない端末からのアクセスは許可しないなど、企業のセキュリティポリシーに合致しないPC端末からのリモートアクセスを防止することも可能となる。

 専用のクライアントアプリケーションを利用することで、ユーザは複雑な認証やネットワーク環境を意識せずに社内ネットワークに接続することができる。また、認証/検疫/接続履歴を分析したレポートが管理者に提供されるため、利用状況の把握に加え、不正アクセスやセキュリティポリシーに合致しないPC端末の検出なども可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化する 【エントラストジャパン】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】 AXIOLE 【ネットスプリング】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】
認証 認証 認証 認証 認証
サイバー攻撃の巧妙化、クラウド利用の拡大などによって、今まで以上に認証の重要度は増している。手間やコストを極力かけず、企業ITの認証環境を強化するための勘所とは? Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 知っていますか? 認証プロトコルの違い――4種類の特徴と用途

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023296


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ