リコー、フルカラースキャナに対応可能なA0デジタル複合機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リコー、フルカラースキャナに対応可能なA0デジタル複合機を発売


掲載日:2008/08/21


News

 株式会社リコーは、A0判対応のデジタル複合機「imagio MP W7140/W5100」シリーズ計4モデルを、8月25日より発売する。価格は、「W7140」シリーズが515万円、「W5100」シリーズが345万円となっている。

 「MP W7140」シリーズは毎分14枚、「MP W5100」シリーズは毎分10枚(いずれもA1判ヨコ)の連続コピー/プリントが可能なデジタル複合機。それぞれに、標準給紙方式が“ロール給紙(4段)+手差し”の「W7140R」/「W5100R」と、“ロール給紙(2段)+カセット給紙(2段)+手差し”の「W7140TR」/「W5100TR」が用意されている。

 オプションでカラースキャナ機能に対応でき、A0判図面を最大600dpiの解像度で電子化することができる。スキャンした文書をネットワーク上の共有フォルダに直接保存できる“スキャン to フォルダー”やメール送信できる“スキャン to E-Mail”、本体HDDの“ドキュメントボックス”に蓄積した文書のURLをメールで送信する“スキャン to URL”などに対応している。また、本体の操作でパスワード付き暗号化PDFの作成が可能となっている。

 A0判やA1判で出力した図面をA4サイズに自動的に折りたたむ後処理オプション「imagio フォルダー FD6500B」も用意される。A4サイズに折る“基本折り”に加え、封筒に入れるために幅170mmに折る“袋折り”や、ファイルにとじるためのとじ代を付けてA4サイズに折る“ファイル折り”などに対応している。オフラインでの手差し折り機能も標準装備している。

 操作部にワイドVGAの8.5インチカラー液晶タッチパネルを採用し、色覚特性に配慮したLED(発光ダイオード)ランプの配置や色遣いの採用により、“カラーユニバーサルデザイン認証”を取得している。また、原稿をスタックする機構を標準装備し、読み取った原稿を本体上部で最大50枚までスタックできるほか、プリント/コピーした用紙(最大A1ヨコ)を99枚までスタックできる胴内排紙機構を採用している。

 コピー部数ごとに通しナンバーを透かし印字し、それぞれをオリジナルにすることができる“機密管理ナンバリング機能”を備えているほか、アドレス帳データや認証情報、蓄積文書などを暗号化してから保存する“HDD暗号化機能”や、HDDの残存データやユーザデータを上書き消去する“HDD残存データ消去機能”にオプションで対応する。2008年秋にはICカードによる個人認証に別売で対応する予定。


出荷日・発売日 2008年8月25日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023280


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ