ディジインターナショナル、危険な環境向けネットワーク機器発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ディジインターナショナル、危険な環境向けネットワーク機器発表


掲載日:2008/08/19


News

 ディジインターナショナル株式会社は、揮発性液体/ガスや厳しい温度環境といった危険な環境向けに有線/無線のネットワーク接続を提供する製品ラインを、発表した。

 今回発表されたのは、セルラールータ「Digi Connect WAN IA」とRF(高周波)無線モデム「XTend RFモデム」、シリアルサーバ「PortServer TS Haz」/「Digi One IAP Haz」。危険評価定格“Class1-Division2”に適合し、揮発性の可燃性液体、気体/ガスが存在する可能性のある環境で利用することができる。絶縁保護コーティングも行なわれており、プリント配線アセンブリ(PCA)にはスプレー式処理が施され、コンフォーマルコーティング(回路基盤の防湿/絶縁のための保護コーティング)されることで、湿気と腐食に対して保護バリアを提供する。また、「Digi Connect WAN IA」は-30〜70度で、「XTend RFモデム」は-40〜85度で、「PortServer TS Haz」と「Digi One IAP」は -35〜74度でそれぞれ動作することができる。

 「Digi Connect WAN IA」は、通信プロトコル“Modbus”も内蔵し、遠隔地の機器とサーバ間のプライマリとバックアップネットワークを提供する工業用ハードウェア/ソフトウェア機能を備えたイーサネット−セルラールータ。「XTend RFモデム」は、900MHzのRF接続でシリアルケーブルを代替し、最大64km(見通しレンジ)の通信距離を提供することで、ハイウェイの交差など、ケーブル敷設が困難な環境で使用することができる。「PortServerTS Haz」は、シリアル−イーサネット間接続を提供し、1〜4台のシリアル機器を容易にネットワークに接続することができる。「Digi One IAP Haz」は、シリアル−イーサネット間接続に加えプロトコル変換も行ない、工業用のシリアル/イーサネット機器の相互運用を可能とする。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ネットワーク関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ネットワーク関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワーク関連」関連の製品

DHCPアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
その他ネットワーク関連
Made in JAPANの省電力DHCPアプライアンスサーバ。シリーズ全製品、異拠点間での冗長構成が可能。IPv6対応、設定やセキュリティ機能も充実。DNSサーバ機能搭載

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023243


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ