NTT東西、全国規模の企業内ネットワークを構築するIP-VPNを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT東西、全国規模の企業内ネットワークを構築するIP-VPNを提供


掲載日:2008/08/18


News

 東日本電信電話株式会社と西日本電信電話株式会社は、全国規模の企業内ネットワークを包括的に構築するIP-VPNサービス「フレッツ・VPN ワイド」を、8月18日より順次提供する。

 「フレッツ・VPN ワイド」は、両社のNGN(次世代ネットワーク)商用サービス「フレッツ 光ネクスト」のユーザが、拠点間でCUG(Closed Users Group:特定メンバー間のみ通信可能なネットワーク)を構成することで、廉価/簡易にプライベートネットワークの構築を可能とするIP-VPNサービス。NTT東日本のサービスではCUGに、他の「フレッツ 光ネクスト」に加えアクセスサービス「Bフレッツ」/「フレッツ・ADSL」/「フレッツ・ISDN」を組み合わせることもできる。これらのアクセスサービスのユーザ同士であれば、特別な通信機器などの用意が不要で、各社エリア内の拠点をつなぐプライベートネットワークを簡易に構築することができる。インターネット接続(別途ISPとの契約が必要)など、複数の接続先の利用も可能となっている。

 インターネットを経由せず、IP通信網上でVPNを構成するため、セキュリティに優れたVPN通信が可能となっている。VPNへの接続には、ユーザID/パスワードによる認証に加え、“フレッツナンバー”(「フレッツ」アクセスサービスなどの契約ID)通知と発信者番号通知を用いた認証も実施することで、より安全なプライベートネットワークを構築することができる。また、“東西接続サービス”を契約することで、両社エリアの同サービス同士の接続が可能となる。広域イーサネットサービス「ビジネスイーサワイド」との接続も可能で、信頼性に優れた広域イーサネットと廉価なIP-VPNを組み合わせ、通信品質とコストパフォーマンスを両立させることもできる。

 また両社は、「フレッツ 光ネクスト」を利用し企業のプライベートネットワークなどの構築を可能とする「フレッツ・VPN ゲート」に10Mbps品目を追加し、提供を開始した。NTT東日本では、「Bフレッツ」など「フレッツ 光ネクスト」以外の「フレッツ」アクセスサービスからの接続を可能とする新メニュー「グレード2」も、追加した。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023211


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-VPN > IP-VPNのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ