日本シー・エー・ディー、不正接続検知/排除システムの新版出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本シー・エー・ディー、不正接続検知/排除システムの新版出荷


掲載日:2008/08/07


News

 日本シー・エー・ディー株式会社は、不正接続検知/排除システム「IntraGuardian Version 1.2.0」を、出荷した。価格は、5万9800円(税込)となっている。

 「IntraGuardian」は、社員の私物ノートPCなどの持ち込みPCが、無許可で社内ネットワークへ接続される“不正接続”を防止するためのアプライアンス製品。83.0mm×58.0mm×24.3mm/重さ約70gとコンパクトな装置を社内ネットワークに接続し、容易な設定で直ちに使用することができる。登録されていないPCなどを不正接続端末として検知し、管理者宛に警告メールを送信して通知を行なう検知機能と、自動的に不正接続端末の通信をブロックする排除機能を備えている。また、無線LANにも対応しており、無線LAN経由で不正接続している端末の検知/排除と、設定ミスや暗号解読による無線LANアクセスポイントの不正利用にも対応可能となっている。

 今回出荷された「Version 1.2.0」では、一元管理ソフトウェア「IntraGuardian Manager」が無償で提供される。同ソフトウェアにより、複数の拠点(最大512拠点)に設置された「IntraGuardian」の各種諸設定の一括管理を可能とし、大規模環境での運用コスト低減を図ることができる。複数の拠点への接続を許可する端末を容易に登録でき、営業担当者用のノートPCなど、拠点間を往来する端末の管理も容易となる。また、不正接続端末の排除機能を強化したほか、1拠点あたりの登録可能端末数を1024台に引き上げ、設定のインポート/エクスポート機能も追加した。


出荷日・発売日 2008年8月6日 出荷
価格 5万9800円(税込)
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査 【SAS Institute Japan】 Ruckus Wireless Smart Wi-Fiソリューション 【ジェイズ・コミュニケーション】 ネット・電話・Wi-Fi「オフィス三種の神器」調達の秘技 【シスコシステムズ】 LCXアンテナ無線LANシステム 【東芝テック】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査 クライアント端末/パケットごとに電波の強度分布を変化させることで、常に最適な状態での通信を実現する無線LANソリューション。
簡易なサイトサーベイにて導入可能。
「ネット回線、電話、Wi-Fi」はあって当たり前なのに、契約や設置工事、メンテナンスには一定の人員と工数が必要。どうすれば楽に安定した環境を手に入れられるのか。 劣悪な環境でも無線LANが安定、通信エリアを自由にデザインする方法とは?

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023184


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ