NTT Com、DDoS検知防御を補助するトラフィック解析ツールを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、DDoS検知防御を補助するトラフィック解析ツールを提供


掲載日:2008/08/06


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、IPネットワーク運用者向けに、異常トラフィック検知/防御とトラフィック解析の業務を削減できるオペレーションシステム「トラフィック解析ツール」の提供を、開始した。

 「トラフィック解析ツール」は、ソフトウェアとハードウェアが一体のアプライアンスとして提供されるシステム。ユーザのネットワーク内に設置することで、DDoS攻撃(分散サービス妨害)などの異常トラフィックの検知/防御補助と、トラフィック解析の機能を提供する。100台までのルータを同時に監視でき、大規模なネットワークにも同ツール1台で柔軟に対応することができる。

 日本語のユーザ専用ポータルサイトが用意され、日本語での画面表示で容易に異常トラフィックの検知やトラフィック解析、防御設定が可能で、これらのトラフィック解析を活用して早期に設備設計を計画することもできる。また、グルーピングやアクセスログ管理、権限の付け外しなどのユーザ管理機能も備えており、エンドユーザに対し、ポータル機能を切り分けて提供することができる。

 DDoS攻撃の検知では、異常トラフィックの特性を簡便に理解できる閾値がユーザ専用ポータルサイトに表示されるため、検知したDDoS攻撃の情報を細かく解析することができる。また、同ポータルとユーザの防御装置を連携でき、ポータル上でクリックすることで防御装置を遠隔操作し、迅速にDDoS攻撃対策を行なうことができる。防御装置はオプションサービスで同社から提供することもできる。

 トラフィック解析では、AS番号(各組織が保有/運用する自立したネットワーク“AS”を識別する番号)/IPアドレス/ポート番号/インターフェースなどの監視レポート機能を活用した解析が可能となっている。レポートはCSV(カンマ区切り)ファイルで保存でき、ダウンロードすることができる。なお、ユーザの希望により、同ツールのアプライアンスの保守サービスも提供可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイアウォール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイアウォール」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイアウォール」関連の製品

NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 次世代クラウドセキュリティ対策ソリューション Gresシリーズ 【グレスアベイル】 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 【ジェイズ・コミュニケーション】 標的型攻撃の被害を最小化、感染拡大を防ぐ仮想環境ならではの内部対策とは? 【ヴイエムウェア】
ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール
UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。
次世代仮想化ファイアウォールや標的型攻撃対策サンドボックス、マルウェア解析サービスなど、高性能のセキュリティ製品をラインナップしたセキュリティトータルサービス。 未知の脅威からの被害を防ぐ、セキュリティの新コンセプト「SDSN」とは 標的型攻撃の被害を最小化、感染拡大を防ぐ仮想環境ならではの内部対策とは?

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023159


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ