日本IBM、転送速度/最大容量が向上したテープドライブを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、転送速度/最大容量が向上したテープドライブを出荷


掲載日:2008/08/01


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、データ転送速度/最大容量が向上したテープドライブ「IBM System Storage TS1130テープ・ドライブ」を、9月5日より出荷する。価格は、711万8790円(税込、最小構成時)からとなっている。

 「IBM System Storage TS1130 テープ・ドライブ」は、データ転送速度が非圧縮時で最大毎秒160MBと従来製品に比べ54%向上し、映画1本分のデータを約25秒で転送できるほか、最大容量が非圧縮時で1TB、3:1圧縮時で3TBと従来に比べ42%向上したテープドライブ。従来機種に比べテープ本数やスロット数、テープ保管のためのスペースといった、システムにかかるコストを削減することができる。また、データへのアクセス時間を改善するために、使われるテープの長さを論理的に短くする“キャパシティ・スケーリング機能”を備え、データ検索時などのパフォーマンスも向上している。

 デュアルポートの4Gbps FC(ファイバチャネル)により、同社サーバ製品に加え他社サーバとの接続が可能で、複数台のサーバとも接続することができる。同社のオープンメインフレーム「IBM System z」シリーズとのESCON(同社のメインフレームコンピュータと補助記憶装置をつなぐインターフェースプロトコル)/FICON(ESCONの制限を取り除いた拡張版)による、テープコントローラ経由での接続にも対応している。これらの様々なプラットフォームへの対応に加え、大容量データバックアップ向け磁気テープ規格“LTO”(Linear Tape-Open)の第1世代の読み込みと第2/3世代の読み書きが可能で、LTO第4世代と混在させることも可能なため、これまでのデータ資産を保護/活用することができる。

 ドライブ自体に暗号化機能を組み込み、データ暗号化時のパフォーマンス低下を防いでいる。LTO第4世代の暗号化機能に同社の技術を対応させたデータ暗号化ソフトウェア「IBM Encryption Key Manager」を活用し、データ自体の暗号化に加え、データ暗号化で作成された共通鍵をも暗号化し、データのセキュリティを更に向上させている。また、同製品で利用可能なIBMテープカートリッジには、データ改ざん防止が可能な“WORM”(Write Once Read Many)形式対応製品も用意されており、保管データのセキュリティも向上させることができる。


出荷日・発売日 2008年9月5日 出荷
価格 711万8790円(税込、最小構成時)〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice 【アルプス システム インテグレーション】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】 ドキュメント保護「活文 Document Rights Manager」 【日立ソリューションズ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
・汎用のUSBメモリを、管理コンソールでカスタマイズしてセキュリティ機能をつけたものに変換。
・USBメモリの有効期限超過時にはデータの破棄機能も搭載。
カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。 マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。 様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。 情報の保管・利用場所に依存せず、不正利用を防止する。文書が流出しても権限がなければ閲覧できないだけでなく、文書を後から失効することで、万が一の事後対策が可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023118


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ