ロジテック、電源内蔵のタップ型スイッチングハブを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロジテック、電源内蔵のタップ型スイッチングハブを発売


掲載日:2008/07/25


News

 ロジテック株式会社は、10BASE-T/100BASE-TX対応のタップ型スイッチングハブ「LAN-SW/TAPA」シリーズを、8月下旬より発売する。価格は、5ポート搭載の「LAN-SW05P/TAPA」が4200円、8ポート搭載の「LAN-SW08P/TAPA」が5300円となっている。

 「LAN-SW/TAPA」シリーズは、同社のスイッチングハブの統一デザインを採用し、幅203mm×奥行き65mm×高さ35mm(本体のみ)とスリムでコンパクトなタップ型のスイッチングハブ。本体に電源を内蔵しているため、コンセント周りをスッキリでき、ACアダプタの電源ジャックが抜け落ちることを防ぐことができる。全2重に対応し、いったん受けとったフレームを目的のホストのあるポートに転送する“ストア&フォワード方式”にも対応している。

 底面にはマグネットを装備しスチール面に容易に取り付けることができるほか、底面に“ねじ用のフック穴”を装備しスチール面以外にも場所を問わず設置することができる。また、電源内蔵タイプながら、ファン非搭載の静音設計により、常に電源が入った状態で使用しても、騒音を防ぐことができる。EUのRoHS指令(特定有害物質使用制限指令)に準拠している。


出荷日・発売日 2008年8月下旬 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワークハブ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークハブ」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023049


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ネットワークハブ > ネットワークハブのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ