インフォア、プロセス製造業向けSCMソリューションを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インフォア、プロセス製造業向けSCMソリューションを出荷


掲載日:2008/07/25


News

 日本インフォア・グローバル・ソリューションズ株式会社は、プロセス製造業向けに、需要管理/SCM計画/生産スケジューリングの各アプリケーション「Infor SCM Demand Planning」/「Infor SCM Advanced Planner」/「Infor SCM Advanced Scheduler」を、8月1日より出荷する。

 「Demand Planning」では、需要予測機能により、過去の売上履歴をもとに季節性や販促活動などの変動要素を考慮し、顧客ニーズをより正確に予測することができる。ユーザはこれをもとに将来的な動向を推測し、数百から数千もの製品を対象に、売上と業務上の影響の予測に着手することができる。また、「Advanced Planner」と連携することで、プロセス産業のニーズに特化したサプライチェーンの、短期的から長期的まで様々な計画を策定することができる。「Demand Planning」は、生産能力や流通ルート、材料の確保、人的資源などの条件を踏まえ、サプライチェーン上での複雑な意思決定を支援する。また、需要変更やトレードオフ、制約条件の評価を考慮し、サプライチェーン全体で最適な計画を立案することができる。

 「Advanced Planner」では、柔軟なモデリング機能により、従来は手作業やExcelで行なっていたマスタープランニングを、企業システムとして統合化して行なうことが可能となる。設備能力や原材料の供給可用性、労働力などの典型的な制約に加え、賞味期限の考慮や可変するレシピの最適化、ブレンドや成形の最適化といった業界独特の制約を考慮し、実現可能でかつ最も低コストでのプラン、あるいは最も収益性の高い製品ミックスでのプランを立案し、サプライチェーン全体の同期と全体最適化を図ることができる。

 「Advanced Scheduler」では、非生産時間を最小化しスループットを最大化する生産スケジュールを立案でき、顧客のニーズを満たすとともに製造ロスを抑えることができる。プロセス産業のニーズに即しており、プラントの制約条件やタンクの組み換え、一時保管などを考慮したバッチ処理と連続フロー処理、生産順序に関するトレードオフ、在庫寿命/消費期限の問題などの要因のモデル化と処理を支援する。


出荷日・発売日 2008年8月1日 出荷
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SCM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SCM」関連情報をランダムに表示しています。

「SCM」関連の製品

在庫管理/倉庫管理システム(WMS) ONEsLOGI Cloud/WMS 【日立物流ソフトウェア】 購買システム「楽々ProcurementII」 【住友電工情報システム】 レノボとSAPによる工場のサプライチェーンシステム刷新事例 【レノボ・ジャパン株式会社】 在庫管理/倉庫管理システム ONEsLOGI/WMS 【日立物流ソフトウェア】
SCM SCM SCM SCM
入出荷・在庫管理からの棚卸業務まで対応した倉庫管理システム。クラウドサービスのため、低コスト・短期間で導入できる。 多様な購買品目、発注形態に対応し、調達コストの削減効果のあるWeb購買システム。企業の購買プロセスや購買規模にあわせ、約3カ月からのスピード導入も可能。 11時間の計算がわずか8分に コストも業務も激変させたサプライチェーン事例 多様性に対応するための様々な業務機能をもとに、ユーザ固有の運用形態に適合した物流センタ管理システムを効率よく構築するソリューション。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023044


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > SCM > SCMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ