エクセルソフト、マルチコア向けソフト開発を支援する製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エクセルソフト、マルチコア向けソフト開発を支援する製品を発売


掲載日:2008/07/25


News

 エクセルソフト株式会社は、マルチコアプロセッサ向けに、アプリケーションのマルチスレッド化を簡素化する米インテルのライブラリ製品「インテル スレッディング・ビルディング・ブロック(インテル TBB)2.1」を、発売した。

 「インテル TBB 2.1」は、マルチコア上でのパフォーマンスを最適化するため、一般的なアルゴリズムとデータ構造をマルチスレッド化して提供するC++ランタイムライブラリ。C++アプリケーションからテンプレートを呼び出すことで並列化を実装でき、マルチスレッドアプリケーションを迅速に作成可能とする。コア数によりパフォーマンスを拡張できるため、複数コアのプロセッサ向けにコードを再記述することが不要で、ライフサイクルの長い製品を開発することができる。また、利用可能なコアに負荷を分散する自動ロードバランシングを利用することもできる。32/64ビットのWindows/Linux/Mac OSプラットフォームや、インテルコンパイラー/Microsoftコンパイラ/GNUコンパイラといった、クロスプラットフォームをサポートしている。

 今回のバージョンでは、より容易な並列化を開発者に提供するため新しいユースケースが追加されたほか、パフォーマンスが強化され、Visual Studio内でコンパイル変数を自動的に設定するプラグイン機能により容易な開発を可能としている。また、Visual Studio 2008にも対応した。自動並列化とOpenMP規格(プログラム並列化指示文を統一するための規格)への対応を提供する「インテル C++ コンパイラー 10.1」や、マルチスレッド専用のデバッガ&分析ツール「インテル スレッド・チェッカー/プロファイラー 3.1」と併用することで、優れた性能のマルチスレッドアプリケーションをより効率的に作成することができる。

 「インテル TBB」は、各OS版ライセンスが用意され、「インテル C++ コンパイラー プロフェッショナル・エディション」/「インテル コンパイラー・スイート プロフェッショナル・エディション」にも同梱されているほか、GNU GPLv2ライセンスを適用したオープンソース版としても提供される。


出荷日・発売日 2008年7月24日 発売
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20023039


IT・IT製品TOP > 開発 > オープンソース > オープンソースのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ