インフォサイエンス、同社とMOTEXの統合ログ管理製品を連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インフォサイエンス、同社とMOTEXの統合ログ管理製品を連携


掲載日:2008/07/22


News

 インフォサイエンス株式会社は、同社の統合ログ管理システム「Logstorage」とエムオーテックス株式会社(MOTEX)のネットワークセキュリティツール「LanScope Cat」を連携させる製品「Logstorage for LanScope Cat」を、7月25日より出荷する。価格は、95万円からとなっている。

 「Logstorage」は、サーバ/ネットワーク機器/セキュリティ製品などが出力するログを、機器の種類/アプリケーション/フォーマットを問わず統合的に一元管理できるシステム。ログに様々なタグ付け(意味付け)を行なうことで、異なる種類のログでも、同じ意味を持った項目に対して正確に検索/集計/検知することができる。

 「LanScope Cat」は、現状把握から分析、問題発見、判断までが可能なネットワークセキュリティ統合管理ツール。ログに基準を設けてアウトプットできる“社長専用レポート”機能により、セキュリティ度を数値化し、アップ/ダウンを提示することで、ネットワークに詳しくないユーザでも一目でセキュリティ度を判断することができる。

 今回出荷される「Logstorage for LanScope Cat」は、「LanScope Cat」が収集したPC端末の操作ログ/アラートログを取り込み、長期保管や、電子署名による原本保証、他システムのログとの統合/横断分析、自由なレポーティングを可能とする製品。「LanScope Cat」で取得したログを「Logstorage」に自動送信するための“LanScope Data Exchange”や、ログフォーマット定義/レポート出力のテンプレートが用意されている。これにより、個人情報保護法/日本版SOX法など法制度の施行にともない求められる、ログの取得/保全/検索を容易に行なうことができる。


出荷日・発売日 2008年7月25日 出荷
価格 95万円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

PC操作記録 iDoperation SC 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 サーバアクセスログ『ALog ConVerter』 【網屋】 Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 ITシステム変更管理ソフトウェア Netwrix Auditor 【ラネクシー】 内部ネットワーク監視ソリューション「VISUACT」 【ギガ+他】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
サーバーやPCでの操作を録画して残せるPC操作記録ソフトウェア。管理サーバレスでの導入も可能で、初期コストを抑えつつ、より強固な情報漏洩対策を支援する。 重要データへのアクセス記録をエージェントレスで取得する製品。重要データが格納されるサーバ側からログを取得するため、低コストで効率的なログ管理を実現可能に。 企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 ネットワーク上に蓄積されたActive Directoryやファイルサーバなどの様々な変更ログを一元管理し、セキュリティ情報や稼働情報などのレポートを自動生成。 ・ファイルサーバのアクセスログを生成する
・内部ネットワークに侵入したマルウェアの拡散活動を記録する

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022994


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ