NEC、処理性能を向上したスケーラブルSANストレージを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、処理性能を向上したスケーラブルSANストレージを出荷


掲載日:2008/07/22


News

 日本電気株式会社は、ストレージ筐体(ノード)の追加により業務無停止での性能向上や容量拡張が可能なスケーラブルSANストレージ「iStorage D」シリーズで、処理性能を従来比最大30%向上した「iStorage D8-2010」(1ノードモデル)を8月29日より、「iStorage D8-2020」(2ノードモデル)を9月30日より、出荷する。

 「iStorage D8-2010」/「iStorage D8-2020」は、新CPUの採用や内部処理の最適化により処理性能を向上し、システム処理時間やバックアップ時間を短縮可能としている。複数のストレージノード間を高速スイッチで連結するビルディングブロック構造を採用しており、ストレージ筐体やHDDなどを追加することで、最大記憶容量1.2PB、ホスト接続用ファイバチャネルインターフェースを装置あたり64ポートまで、システムを止めずに拡張することができる。また、1台のストレージを複数個の仮想的なストレージとして利用できるリソースマネジメントテクノロジも搭載されている。

 未使用のディスクドライブの回転を停止して消費電力を削減するMAID(Massive Array of Inactive Disks)機能や、交流(AC)と直流(DC)の変換工程を削減可能なDC給電対応により、最大約40%の省電力化が可能となっている。また、HDDや、サーバとストレージ間に設置するファイバチャネルスイッチなどのオプション製品では、コストダウンにより最大30%の価格低減が行なわれている。なお価格は、「iStorage D8-2010」が570万円から、「iStorage D8-2020」が964万円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022992


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ