サイバートラスト、不正アクセスを防ぐ無線LAN認証を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイバートラスト、不正アクセスを防ぐ無線LAN認証を提供


掲載日:2008/07/17


News

 サイバートラスト株式会社は、無線LAN認証ソリューション「セキュア無線LANアクセス認証」の提供を、開始した。

 「セキュア無線LANアクセス認証」は、電子証明書の発行/配付を簡便/安全に行なえる認証ソリューション。クライアントとサーバ間で電子証明書を使った相互認証を行なう、強度に優れた認証方式“EAP-TLS”(Extensible Authentication Protocol-Transport Layer Security)により、“なりすまし”による不正アクセスを防止することができる。証明書を発行する認証局を同社にアウトソーシングする“サイバートラスト マネージドPKI”(PKI:公開鍵暗号基盤)により、新たなシステムの構築が不要で、証明書の発行/配付を容易に行なうことができる。また、証明書配付時に格納端末を特定することで、ユーザ認証に加え端末認証も可能となる。これにより、無線LAN認証のセキュリティ強度を向上でき、外部の人が出入りするオフィスや病院などでも、モバイル端末で内部ネットワークを利用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 AXIOLE 【ネットスプリング】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】 モバイル向け端末認証サービス 「サイバートラスト デバイスID」 【ソフトバンク コマース&サービス】
認証 認証 認証 認証 認証
次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 私用スマートフォンと会社が貸与/許可した端末の識別を、デバイス証明書を利用することで、難なく実現するサービス。手間をかけずに安全なネットワークを運用できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022970


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ