レノボ、中小規模企業/SOHO向けのノートPCなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レノボ、中小規模企業/SOHO向けのノートPCなどを発売


掲載日:2008/07/17


News

 レノボ・ジャパン株式会社は、ノートPC「ThinkPad」ファミリーで、中小規模企業/SOHO向けの14インチワイド型「ThinkPad SL400」と15インチワイド型「ThinkPad SL500」を、発売した。価格は、「SL400」が13万6500円から、「SL500」が14万1750円から(いずれも税込)となっている。

 「ThinkPad SL400/SL500」は、光沢のあるブラックのトップカバーを採用したノートPC。バッテリーライフの延長により、電源のない環境でも長時間のPC作業を可能としている。“Lenovo Care”ソフトウェアの搭載により、煩雑なネットワークの接続/設定やメンテナンス作業を軽減でき、PCのトラブルを迅速に解決することができる。また、HDDを保護する“アクティブ・プロテクション・システム”が搭載されたほか、モニタ接続を簡易化するHDMI(High-Definition Multimedia Interface)に対応し、指紋センサ機能を搭載したモデルも用意されている。

 また同社は、15インチワイド型のモバイルワークステーション「ThinkPad W500」も、8月6日より発売する。「W500」は、WUXGA(1920×1280ドット)ディスプレイを採用し、PCの堅牢性を高める“マグネシウム・ロールケージ”を搭載している。バッテリーライフが延長されたほか、専用/内蔵グラフィックモードをマニュアルで切り替えできるため、効率的なバッテリー使用を可能としている。“ふくろう羽ファン”構造を採用した空冷方法により表面温度を低く保持でき、ファンノイズを低減している。

 無線LAN(MIMO:Multiple Input Multiple Output)やWiMAX(固定無線通信の標準規格)、無線USBなどに対応しているほか、外付けモニタでの高解像度表示を可能とする“ディスプレイ・ポート”も搭載している。高速性/省電力性/耐衝撃に優れたSSD(Solid State Drive:フラッシュメモリを用いたドライブ)搭載モデルや、Blu-Ray搭載モデルも用意されている。なお価格は、36万円前後(税込)が予定されている。

 更に同社は、Centrino 2 プロセッサテクノロジを搭載し、パフォーマンスを向上させたノートPCで、“業務向けスタンダード”の「ThinkPad R400/R500」、“薄型・軽量ハイパフォーマンス”の「ThinkPad T400/T500」、“薄型・軽量・B5版パフォーマンス・モバイル”の「ThinkPad X200」の計5機種も、8月6日より発売する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022962


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ