タンベルグデータ、LTO4に対応した1uのテープオートローダを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


タンベルグデータ、LTO4に対応した1uのテープオートローダを出荷


掲載日:2008/07/16


News

 タンベルグデータ株式会社は、コンピュータテープの標準規格“LTO”(Linear Tape-Open)の第4世代“LTO4”に対応したテープオートローダ(テープメディアを自動交換する装置)「Tandberg StorageLoader LTO4」を、出荷した。価格は、82万円となっている。

 「StorageLoader LTO4」は、1u(高さ44.45mm)ラックマウント型のテープオートローダ。2つの脱着式マガジンに合計8巻のカートリッジを収納できるモジュール設計で、テープメディアの安全なオフサイト保管などを容易に行なうことができる。“LTO4”ハーフハイトテープドライブを内蔵し、圧縮時容量は12.8TB、圧縮時の転送速度は毎時576GB(いずれもデータ圧縮比を2:1とした時の値)の性能を備えている。同ドライブはハードウェアによるデータ暗号化機能を備え、セキュリティを強化でき、IT管理者の負担を軽減することができる。インターフェースはSCSIモデルに加えSAS(Serial Attached SCSI)モデルも用意されている。

 テープドライブや電源は、ローダをラックにマウントしたままで後部より交換でき、故障時のダウンタイムを短縮することができる。Webベースのリモート管理機能を標準装備し、ネットワーク経由でWebブラウザを利用して装置の保守/監視などの管理を行なうことができる。同様の操作は前面LCD(液晶ディスプレイ)パネルとボタン操作によりオフラインでも可能となっている。また、バーコードリーダを標準搭載し、迅速にインベントリ(メディアの調べ直し)を行なうことができる。ラックマウントキットも標準で付属している。


出荷日・発売日 −−−
価格 82万円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

HPC環境のボトルネック、ストレージが抱える課題を解決する方法とは? 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 フラッシュ導入で現場はどう変わった? 1000人のユーザー調査で見えた新事実 【日本ヒューレット・パッカード】 ビッグデータ時代のストレージ選び、ポイントは「拡張性とリニアな性能向上」 【ピュア・ストレージ・ジャパン】 知っていますか? オールフラッシュを企業で使う場合の必須機能 【日本ヒューレット・パッカード】 アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
HPC環境のボトルネック、ストレージが抱える課題を解決する方法とは? フラッシュ導入で現場はどう変わった? 1000人のユーザー調査で見えた新事実 ビッグデータ時代のストレージ選び、ポイントは「拡張性とリニアな性能向上」 HPEは新興企業の買収を含め、ストレージへの積極的な開発投資を進めている。競合がひしめく市場で、ハードの強みを生かしてきた同社が、今後注力する分野はどこか。 アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022943


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ