サンと富士通、4コアSPARC64 VIIプロセッサを搭載のサーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サンと富士通、4コアSPARC64 VIIプロセッサを搭載のサーバを発売


掲載日:2008/07/16


News

 サン・マイクロシステムズ株式会社と富士通株式会社は、4コアSPARC64 VIIプロセッサを搭載した「SPARC Enterprise」サーバの新機種「M4000」/「M5000」/「M8000」/「M9000」を、発売した。

 今回発売された「SPARC Enterprise M」シリーズは、拡張性に優れ、エンタープライズクラスの仮想化機能を備えたシステム統合プラットフォーム。4コアSPARC64 VIIプロセッサ搭載機が加わったことで、16コアから256コアまでの拡張性を備えたSMP(対称型マルチプロセッサ)システムとなった。同プロセッサは、ハードウェア命令再試行や動的縮退、プロセッサ/レジスタのパリティ保護などのRAS(Reliability:信頼性、Availability:可用性、Serviceablity:保守性)機能を備え、基幹システムに適した性能と信頼性を確保している。

 従来機に比べ、パフォーマンス面では商用アプリケーション稼働時の性能を最大80%向上させたほか、HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)の高負荷時における性能を倍増させながら1コアあたりの電力消費は44%減少させている。同一ドメイン内で従来のSPARC64 VIプロセッサとSPARC64 VIIプロセッサの混在にも対応しており、システム停止やプロセッサ以外のハードウェアの交換を行なわずに、性能を向上させることができる。また、4コアSPARC64 VIIプロセッサはオプションとしても提供され、既存サーバのシームレスなアップグレードも可能となっている。なお価格は、「M4000」が761万円から、「M5000」が1153万円から、「M8000」が4338万6000円から、「M9000」が1億555万6000円からとなっている。

  (写真:「SPARC Enterprise M4000」)



出荷日・発売日 2008年7月14日 発売
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022936


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ