サン、アーカイブデータ向けの自律型ストレージ装置を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サン、アーカイブデータ向けの自律型ストレージ装置を出荷


掲載日:2008/07/10


News

 サン・マイクロシステムズ株式会社は、アーカイブデータ向けストレージ装置「Sun StorageTek 5800」を、8月上旬より出荷する。価格は、16TBモデルが1619万9000円などとなっている。

 「Sun StorageTek 5800」は、インテリジェント化されたオブジェクトベースのストレージ技術をベースに、ストレージシステムそのものに検索技術を組み込み、ホストシステムを介さずにストレージのみでアーカイブ環境を構築可能としたストレージ製品。格納される各データはすべて固有のオブジェクトIDを所有し、ユーザによる独自定義が可能なメタデータとセットで保管されるため、格納されたデータをそのメタ情報を使用して検索することで、柔軟/高速な検索が可能となっている。

 メタ情報の付加/検索機能は「Sun StorageTek 5800」自体に実装されており、フロントのプラットフォームを問わず利用することができる。Java/C言語によるAPI(Application Program Interface)を利用したユーザアプリケーションに加え、WebDAV(Web-based Distributed Authoring and Versioning)をサポートし、WebクライアントがWebDAVのインターフェースを用いてオブジェクトを直接管理できる機能も標準で備えている。

 並列クラスタリング処理により透過的な拡張が可能で、追加されたノードとストレージ容量は自動的に検知して制御下に組み込まれ、システム全体が最適な状態となるようにデータの再配置が行なわれる。これにより、容量の追加は簡易なメンテナンス作業で完了し、過去のデータを保持しながら、拡張された領域を直ちに利用することができる。

 “Reed-Solomon技術”によりディスクドライブ部はRAID 6(ダブルパリティ)によって保護され、データの安全性に優れている。ディスクドライブに障害が発生した場合は、パリティデータによってデータが再作成され、データを正常なノードに再配置することでストレージシステム全体を最適な稼働状態に保つことができる。このセルフヒーリングによる復旧は、ディスクドライブ部に限らずノードが障害を受けた場合でも最適なノード群によって並列に処理され、システム全体の信頼性を向上させている。アーカイブソフトウェアは、オープンソースソフトウェアをベースに構築され、ベンダロックインを回避可能となっている。



出荷日・発売日 2008年8月上旬 出荷
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022895


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ