GMOデジ通、企業間などで利用可能なSaaS型コンテンツ保護を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GMOデジ通、企業間などで利用可能なSaaS型コンテンツ保護を提供


掲載日:2008/07/10


News

 GMOデジタルコンテンツ流通株式会社は、企業内/企業間で利用可能な、SaaS(Software as a Service)型のデジタルコンテンツ保護ソリューション「DDSecure」の提供を、開始した。

 「DDSecure」は、共有されるファイルに不正コピー防止などの技術的保護を施し、流出防止を可能とするサービス。動画や音声、PDF、HTMLといったファイルを、企業内/企業間の限られた範囲にインターネット経由で共有する際に、視聴/閲覧回数や公開期間、PDFファイルの印刷の可否や印刷回数の制限などを容易に設定することができる。SaaS型のため、社内に専用サーバを構築することは不要で、インターネットに接続できる環境があればWebブラウザ上で利用することができる。

 暗号化されたファイルの暗号解除のためのライセンスキー発行時に、任意のパスコードによる認証を設定できるため、パスコードを知らない者がファイルを勝手に閲覧することを防ぐことができる。また、特定の日時や一定の期間、またはファイルを開いた回数などでライセンスキーを無効化する機能を備え、重要な情報の拡散リスクを抑えることができる。共有したいファイルの形式により、3つのプラン「Windows Media(動画・音声)ファイル保護プラン」/「PDFファイル保護プラン」/「HTMLファイル保護プラン」が用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】 新通信プロトコル「HTTP/2」のメリットと注意点を解説 【合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】
認証 認証 認証 認証 認証
知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 知らないと恥ずかしい「HTTP/2」と「HTTP/1.1」“決定的な違い” 情報漏えい対策、内部の対策は後回し? ――データセキュリティの鉄則と秘策 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022892


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ