コンテック、802.11n Draft/a/b/gに準拠した無線LAN APを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


コンテック、802.11n Draft/a/b/gに準拠した無線LAN APを発売


掲載日:2008/07/10


News

 株式会社コンテックは、無線LAN高速化規格IEEE802.11n Draftと、IEEE802.11a/b/gに準拠したAP(アクセスポイント、親局)「FXA1000」を、8月4日より発売する。価格は、11万2000円となっている。

 「FXA1000」は、幅180mm×奥行き140mm×高さ34mm(本体のみ、突起物を含まず)とコンパクトで、本体内にアンテナを内蔵したAP。従来の帯域に加え5.6GHz帯(W56)対応により、電波干渉の影響が少ない5GHz帯で19ch同時使用が可能となっている。IEEE802.11n Draftの2.4GHz帯とIEEE802.11gでは1〜13chから選択でき、IEEE802.11bでは1〜14chから選択することができる。また、IEEE802.11n Draftでは、バンド幅40MHzで通信を行なうデュアルチャネルモードとMIMO(Multiple Input Multiple Output:複数のアンテナを組み合わせる技術)により、理論値300Mbpsの通信を可能としている。

 暗号化技術“WSL”(Wireless Security Link)を搭載し、WPA(Wi-Fi Protected Access)/WPA2と併用することもできる。MACアドレスフィルタリングやESSID(ネットワークの識別子)隠しにも対応している。また、コネクタ部を保護する鍵付きカバーが付属し、セキュリティワイヤーの取り付けが可能なセキュリティスロットも装備している。電源はACアダプタのほか、PoE(Power over Ethernet)の給電方式にも対応している。

 Webブラウザから容易に設定/管理できるほか、USB/FTP/Telnetでの接続や、CFカードの着脱など様々なメンテナンス方法を提供している。CFカードには、ファームウェアや設定ファイル、ログファイル、INF(セットアップ情報)ファイルを格納しているため、CFカードの差し替えによる一括更新が可能で、故障時はCFカードを予備機に差し替えることで即時復旧するといった運用が可能となっている。

 特定の通信のために帯域を確保し通信品質を保証するQoSや、アクセスポイントへのログイン台数を分散させるロードバランス、ルータを越えたローミング先でもネットワーク設定を変更せずに通信が可能な“IPトンネル機能”なども搭載している。なお、IEEE802.11n規格が制定された際はファームウェアのアップグレードで対応する予定。


出荷日・発売日 2008年8月4日 発売
価格 11万2000円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「無線LAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

「無線LAN」関連の製品

事例から見えてくる、クラウド型無線LAN環境の導入によるメリットとは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 「セキュリティ重視のワークスタイル変革」成功企業の取組みとは 【日立システムズ+他】 ネット・電話・Wi-Fi「オフィス三種の神器」調達の秘技 【シスコシステムズ】 無線LANを左右するAPコントローラー、オンプレミス型とクラウド型の違いとは? 【エヌ・ティ・ティ・データ・ジェトロニクス】 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理 【日立システムズ+他】
無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN 無線LAN
事例から見えてくる、クラウド型無線LAN環境の導入によるメリットとは? IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。 「ネット回線、電話、Wi-Fi」はあって当たり前なのに、契約や設置工事、メンテナンスには一定の人員と工数が必要。どうすれば楽に安定した環境を手に入れられるのか。 無線LANを左右するAPコントローラー、オンプレミス型とクラウド型の違いとは? 無線LANのAPや通信状況を可視化、有線並みの安定性と安全性を実現する統合管理

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022883


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ