提携:スカイアーチなど、東京/京都の2拠点バックアップを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:スカイアーチなど、東京/京都の2拠点バックアップを提供


掲載日:2008/07/09


News

 株式会社スカイアーチネットワークスは、カゴヤ・ジャパン株式会社と共同で、廉価で簡便なディザスタリカバリ(災害復旧)対策を可能とする「遠隔地バックアップサービス」の提供を、開始した。

 「遠隔地バックアップサービス」は、スカイアーチのサービス「マネージド・ホスティング」/「Windowsホスティング」/「システム運用マネージメントサービス」のユーザ向けのオプションサービス。スカイアーチが管理する首都圏のデータセンタから、約500km離れたカゴヤジャパンの京都iDC(インターネットデータセンタ)へ定期的にユーザデータをバックアップする。京都iDCではNASによる2重のバックアップをとり、厳重にデータを保護する。これにより、世代管理と2拠点での保管を同時に可能とする。

 バックアップするデータ容量は、100GBを標準に400GBまで対応することができる。「エントリーパッケージ」と「VPNパッケージ」が用意されており、「VPNパッケージ」ではデータの通信経路の暗号化に対応し、機密性が担保される。なお価格は、「エントリーパッケージ」が初期費用15万円/月額費用6万円、「VPNパッケージ」が初期費用24万8000円/月額費用10万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 【日本アイ・ビー・エム】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 KDDIエボルバが実現 専門家が不要な効率的DB基盤リプレースとは 【日本オラクル株式会社】 鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは? 【arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 KDDIエボルバが実現 専門家が不要な効率的DB基盤リプレースとは 「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022876


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ