ソリトンとH3C、“NAP”検疫に対応したスイッチを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソリトンとH3C、“NAP”検疫に対応したスイッチを出荷


掲載日:2008/07/09


News

 株式会社ソリトンシステムズとH3Cテクノロジージャパン株式会社は、イーサネットスイッチ「S5100」シリーズ/「S3100」シリーズで、Windows Server 2008に搭載されている検疫機能“NAP”(ネットワークアクセス保護)に対応した「S」タイプを、7月30日より出荷する。

 「S5100」シリーズはギガイーサタイプ、「S3100」シリーズはファストイーサ(100Mbps)タイプのスイッチ。今回出荷される「S」タイプでは、“NAP”を利用したDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)の“NAP-DHCP”に対応し、検疫条件を満たしていないPCの接続を制限することや、DHCPの技術的欠点に由来する固定IPアドレス端末の接続を防止すること、不正なDHCPサーバからIPアドレスが付与されたPCの接続を制限することを可能としている。

 また、オプションのアドオンを利用することで、アクセスできるネットワークをユーザ認証に基づいて制御する“ダイナミックACL”機能を使用することができる。これらにより、“NAP-DHCP”に対し、より高度な認証や、検疫、アクセス制御の機能を付加でき、検疫を容易に導入することや、DHCP環境をより安全に利用することを可能とする。なお、ソリトンが“NAP”に対応した検疫ネットワークシステムを開発し、H3Cが“NAP”対応機能を搭載したスイッチを製造し、ソリトンが販売する。


出荷日・発売日 2008年7月30日 出荷
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

2016年の被害事例で見えたサイバー攻撃の傾向、Webサイトへの4つの攻撃パターン 【トレンドマイクロ】 サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 サイバー攻撃の大半は防げる? その要となる脆弱性対策の秘訣とは? 【NEC】 Symantec Web Security Service 【シマンテック】 脅威を目前にしても「誰が担当?」 インシデント対応が機能しない最大の理由 【ServiceNow Japan】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
2016年の被害事例で見えたサイバー攻撃の傾向、Webサイトへの4つの攻撃パターン サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 サイバー攻撃の大半は防げる? その要となる脆弱性対策の秘訣とは? 敵を知り、攻撃を防ぐ。変異・脅威を高めるマルウェアの手口と具体的防御策。 脅威を目前にしても「誰が担当?」 インシデント対応が機能しない最大の理由

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022864


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ