ソリトンとH3C、“NAP”検疫に対応したスイッチを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソリトンとH3C、“NAP”検疫に対応したスイッチを出荷


掲載日:2008/07/09


News

 株式会社ソリトンシステムズとH3Cテクノロジージャパン株式会社は、イーサネットスイッチ「S5100」シリーズ/「S3100」シリーズで、Windows Server 2008に搭載されている検疫機能“NAP”(ネットワークアクセス保護)に対応した「S」タイプを、7月30日より出荷する。

 「S5100」シリーズはギガイーサタイプ、「S3100」シリーズはファストイーサ(100Mbps)タイプのスイッチ。今回出荷される「S」タイプでは、“NAP”を利用したDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)の“NAP-DHCP”に対応し、検疫条件を満たしていないPCの接続を制限することや、DHCPの技術的欠点に由来する固定IPアドレス端末の接続を防止すること、不正なDHCPサーバからIPアドレスが付与されたPCの接続を制限することを可能としている。

 また、オプションのアドオンを利用することで、アクセスできるネットワークをユーザ認証に基づいて制御する“ダイナミックACL”機能を使用することができる。これらにより、“NAP-DHCP”に対し、より高度な認証や、検疫、アクセス制御の機能を付加でき、検疫を容易に導入することや、DHCP環境をより安全に利用することを可能とする。なお、ソリトンが“NAP”に対応した検疫ネットワークシステムを開発し、H3Cが“NAP”対応機能を搭載したスイッチを製造し、ソリトンが販売する。


出荷日・発売日 2008年7月30日 出荷
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 【シマンテック】 Symantec Web Security Service 【シマンテック】 ランサムウェアに有効な「サンドボックス」、“高くて買えない問題”の解決策は 【ソニックウォール・ジャパン】 セキュア Web ゲートウェイ 【シマンテック】 遠隔地の異常も素早く検知、住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態 【シマンテック】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
「エンドポイントセキュリティ」は機械学習だけで十分なのか? 検出回避方法を学ぶマルウェアの機能を徹底解説、防御の具体策とは? 猛威を振るうランサムウェアの対策として期待される「サンドボックス」だが、コストや検知の面で課題があるのも事実だ。これらの課題を解消する手段とは。 基礎解説:Webプロキシにまつわる誤解、なぜWeb脅威防御のために不可欠なのか? 【活用事例】住友重機械工業の標的型攻撃対策の実態

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022864


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ