富士通四国システムズ、PCのセキュリティ診断ソフトの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通四国システムズ、PCのセキュリティ診断ソフトの新版を出荷


掲載日:2008/07/07


News

 株式会社富士通四国システムズは、PCのセキュリティ対策状況を自動診断し、直ちに結果を確認できる“見える化”を可能とする、PCの情報セキュリティ診断ソフト「DOEXPRESS Security」で、最新のウイルス対策ソフトなどに対応した「DOEXPRESS Security V3.0」を、出荷した。

 「DOEXPRESS Security」は、Windows Updateの実施や、ウイルス対策ソフトの導入と定時スキャンの実施、パスワードの設定、ファイル交換ソフトの導入禁止など全14項目が設定され、これらのチェック項目を遵守しているかを、PC起動時に自動診断するパッケージソフトウェア。今回のバージョンでは、ウイルス対策ソフト診断機能で対応する製品が追加された。禁止ソフト診断機能でも、システム管理者による禁止ソフト追加機能や、検出対象ソフトが追加されている。

 システム管理者が指定した必須ソフトの有無をファイル情報/レジストリ情報から診断する機能が新たに備えられ、必須ソフトの診断結果が“NG”だった場合には、利用者に存在しない必須ソフトの情報を表示することができる。暗号化HDD実装の有無をHDD型名からチェックする機能も装備している。また、スクリーンセーバパスワード診断にスタンバイ復帰時のパスワード設定をチェックする機能が追加された。メールソフトの設定情報を診断する機能では、メールプレビューウィンドウ表示が無効になっているか、メールの送信形式/読み込み形式がテキスト形式になっているか、“受信したメッセージと同じ形式で返信する”が無効になっているかが診断される。

 これらにより企業のセキュリティ対策状況を可視化でき、ウイルスやWinnyなどによるPCからの情報漏洩事故を未然に防止することができる。「イントラ版」と「ASP版」が用意され、価格は「イントラ版」が10ライセンスで4万円、「ASP版」の標準サービスが1ライセンスあたり、10〜1000ライセンスで8000円、1010〜2000ライセンスで7600円となっている。


出荷日・発売日 2008年6月12日 出荷
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

Webアプリケーション脆弱性検査ツール Vulnerability Explorer 【ユービーセキュア】
セキュリティ診断
Webアプリケーションの検査対象ページを正しく巡回し、脆弱性の診断を行う検査ツール。脆弱性の検出率が高く、目的に応じたきめ細かいレポート出力ができる。

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022841


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ