アイニックス、データ入力ソフトのRFIDリーダ用機能などを拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アイニックス、データ入力ソフトのRFIDリーダ用機能などを拡充


掲載日:2008/07/04


News

 アイニックス株式会社は、バーコードリーダ/RFIDリーダ/磁気カードリーダ/OCR(光学式文字認識)リーダ/計測機器などに適したデータ入力ソフトウェア「RS-receiver Lite バージョン2.0 for Windows」を、7月14日より発売する。価格は、9800円となっている。

 「RS-receiver Lite」は、RS-232Cインターフェースなどのシリアルデータをキーボードデータに変換し、Windowsアプリケーションのアクティブ画面に入力できるソフトウェアキーボードウェッジ。全角括弧や全角チルダなどの特殊文字を入力するために、入力データをキーボードデータのようにエミュレーションする“バーチャルキーモード”に加え、セパレータなどの制御記号を入力するために、入力データをキャラクタとして画面に直接入力する“キャラクタモード”を備えている。

 今回のバージョンでは、RFIDリーダのための“2度読み防止機能”や、コードレスリーダのための“仮想COM再接続機能”を備え、Windows Vistaにも対応している。“2度読み防止機能”により、検知範囲の境界にRFタグがある場合でも、RFIDリーダが2度読みしてアプリケーションが誤動作することを防止することができる。2度読みを防止する時間は任意に設定することができる。

 また、“仮想COM再接続機能”により、コードレスリーダで使用されるBluetoothが、通信エリアの外に出てドライバによって作成された仮想COMポートから切り離された場合、再び通信エリアに戻った時に仮想COMポートに再接続することができる。データをモニタ/保存する機能や、不要な文字列を削除する機能、任意の文字列を付加する機能、カンマをタブに置き換えるなどの文字列置換機能、先頭よりnバイト目まで削除し次からmバイトを抽出する機能なども備えている。


出荷日・発売日 2008年7月14日 発売
価格 9800円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

「働き方改革」のせいで“1人情シス”の仕事が増加? 悲劇を招かない方法とは 【JBサービス+他】 オープンソース統合ID管理 Unicorn ID Manager 【オープンソース・ソリューション・テクノロジ】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTテクノクロス】 「内なる脅威」を引き起こしているのは誰か? 実態調査で見えた防衛のポイント 【CyberArk Software】 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る? 【エンカレッジ・テクノロジ】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
どんなIT製品/サービスも「導入したら終わり」ではない。「導入後の運用をどうするか」という点も考慮すれば、おのずと選ぶべき手段は見えてくる。 複数システムのID管理情報を一括管理するオープンソースの統合ID管理ソフトウェア。過剰な機能を抑え必要な機能に絞ることで、低価格での提供を実現している。 申請と承認に基づく特権IDの貸し出しと、利用状況の点検・監査(申請とログの突合せ)に対応する特権ID管理製品。監査対応、特権ID管理の効率化、セキュリティ強化を実現。 事件発生:ふとした不注意から「インサイダー加害者」に 標的型攻撃対策の要、侵入後に絶対狙われる「特権アカウント」をどう守る?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022813


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ