提携:ニッセイコムなど、IT統制対策専用のメール保存機器を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:ニッセイコムなど、IT統制対策専用のメール保存機器を出荷


掲載日:2008/07/02


News

 株式会社ニッセイコムと図研ネットウエイブ株式会社、株式会社テラステクノロジーの3社は、IT統制対策専用のメールアーカイブアプライアンス「TerraceVaultNC」を共同開発し、出荷した。

 「TerraceVaultNC」は、株式会社日立製作所のアドバンストサーバ「HA8000」シリーズとディスクアレイサブシステム「Hitachi Simple Modular Storage 100」を採用したアプライアンス製品。テラステクノロジーのメールアーカイブエンジン「TerraceVault」を搭載し、メール情報のアーカイブと検索、管理までを日本語化GUIにより提供する。システム管理者/管理職などユーザに利用ポリシーを設定し、監査の対象となる送受信メールを保存/検索/閲覧できるため、日本版SOX法で対象となるメールコンプライアンス対策が可能となる。更に、メールデータ/操作履歴/レポーティングを提供するフォレンジック(鑑識)などの発表も予定されている。

 ラインアップは4機種で構成されている。300ユーザ規模で1日あたりのメール数6000通程度を想定し、メールインデックス(1通あたり200KB程度で計算)換算で1000万通まで保管が可能な「モデル1-1」と1500万通までの保管が可能な「モデル1-2」に加え、1000ユーザ規模で1日あたりのメール数3万通程度を想定し1億通の保管が可能な「TerraceVaultNC モデル2(Hitachi Simple Modular Storage 100追加)」と「モデル2(その他外部ストレージ追加)」が用意されている。

 アーカイブ可能なメールサーバはSendmail/MS Exchange/Postfix/Lotus Dominoで、内部/外部各メールの保管が可能となっている。また、テラステクノロジーのスパムソリューション「SPAM WATCHER」との連動により、スパム/ウイルスメールをアーカイブから除外でき、メールサーバの種類に依存しない柔軟な導入が可能となっている。


出荷日・発売日 2008年7月1日 発売
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールアーカイブ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールアーカイブ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールアーカイブ」関連の製品

クラウド型メールアーカイブサービス 「Active! vault SS」 【クオリティア】 Barracuda Message Archiver 【バラクーダネットワークスジャパン】
メールアーカイブ メールアーカイブ
Google Apps、Office 365と連携可能なクラウド型メールアーカイブサービス。日本語対応で使いやすく、コンプライアンス対策に役立つ。 強力かつ効率的なメールアーカイブを実現するメールアーカイブソリューション。優れた検索機能を備え、必要な情報をすぐに取り出すことが可能。

「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022783


IT・IT製品TOP > メール > メールアーカイブ > メールアーカイブのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ