日本HP、“データ重複排除技術”搭載のバックアップ製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、“データ重複排除技術”搭載のバックアップ製品を出荷


掲載日:2008/07/01


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、データの格納領域を約50分の1(同社調べ)に抑えることができる“データ重複排除技術”(Data Deduplication)を備えたディスクバックアップ製品4製品「HP StorageWorks D2D2500 Backup System」/「HP StorageWorks D2D4000 Backup System」/「HP StorageWorks VLS6000 Data Deduplication LTU」/「HP StorageWorks VLS12000 Data Deduplication LTU」を、8月上旬より順次出荷する。

 「HP StorageWorks D2D2500 Backup System」は、1u(44.45mm)ラックサイズで、論理容量は最大2.25TB、iSCSI(internet SCSI)の100ギガビットイーサを2ポート備えている。「HP StorageWorks D2D4000 Backup System」は、2uラックサイズで、最大7.5TB、iSCSIの100ギガビットイーサを2ポートまたは4ギガビットのFC(ファイバチャネル)を2ポート備える。「HP StorageWorks VLS6000 Data Deduplication LTU」は中規模SAN環境向け「HP StorageWorks VLS6000」シリーズ対応の、「HP StorageWorks VLS12000 Data Deduplication LTU」はデータセンタのバックアップ統合向け「HP StorageWorks VLS12000 Gateway」対応の“重複排除ライセンス”となっている。

 「D2D2500」/「D2D4000」は、コスト削減と簡便な導入を重視するシステムユーザに適し、中小規模のシステム環境でのストレージ領域/コストの削減を可能とする“動的重複排除機能”を搭載している。“ROBO”(Remote Office Branch Office)のように、システム規模は小さくても運用は大企業レベルという環境での適切なストレージ容量計画を支援する。また、2008年後半に提供予定の“遠隔レプリケーション機能”では、リモートサイトのディスクデータを低帯域のWAN経由で集約サイトへ自動複製/保存できるほか、長期保存用としてテープへも自動でコピー可能となり、テープを含めた包括的な“D to D to T”(Disk to Disk to Tape)データ保護ソリューションを構築することができる。

 「VLS6000 Data Deduplication LTU」/「VLS12000 Data Deduplication LTU」は、バックアップ/リストアの性能を劣化させずに、スケーラブルにシステムを拡張させたいユーザに適し、大企業の中核システムやデータセンタなどの大規模環境で効率的にバックアップデータを管理できる“加速的重複排除機能”を導入できるライセンスとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 クラウド対応バックアップ製品で物理・仮想環境を一元管理 【ベリタステクノロジーズ】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 ディスクを丸ごとバックアップ・復元「Acronis Backup 12」 【アクロニス・ジャパン】 ハイパーコンバージドの利点を生かすバックアップアプライアンス 【arcserve Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 3ステップで簡単設定可能 バックアップ運用負荷を圧倒的に削減 アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 クライアントPCのバックアップ軽視が招く、これだけの悲劇 ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022772


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ