日立コム、IP-PBXと融合したHD映像ビデオ会議システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立コム、IP-PBXと融合したHD映像ビデオ会議システムを発売


掲載日:2008/07/01


News

 株式会社日立コミュニケーションテクノロジー(日立コム)は、IPテレフォニーシステムと融合/連携できるHD(高解像度)映像ビジュアルコミュニケーションシステム「NetCS-HD」を、10月より発売する。

 「NetCS-HD」は、ビデオ会議システムとIP-PBXとを融合することで、電話感覚でテレビ電話からビデオ会議、資料の共有を行なうことができるシステム。会議端末として、“会議室設置タイプ”とPC利用の“デスクトップタイプ”の2タイプが用意され、IP-PBXとの融合により、内線相互のテレビ電話から一般電話機を含めたビデオ会議が可能となる。2009年3月にはFOMAやフレッツフォン(東日本電信電話株式会社/西日本電信電話株式会社のテレビ電話)対応機器への対応も予定されており、外出先からFOMA(テレビ電話)を使用したビデオ会議や、サテライトオフィスなどからフレッツフォン対応機器での参加も可能となる。

 映像コーデックとして、ネットワーク帯域の変化やパケットロスに対し映像帯域を制御可能な“H.264SVC”を採用し、ストレスを抑え品質に優れた映像を提供する。従来のMCU(多地点接続装置)を利用しないため、映像/音声の遅延時間を低減することができる。また、ポリコム/ソニー/LifeSizeなどの既設ビデオ会議システムとの接続が可能なため、本社/支社間など参加者の多い事業所ではHD映像で、営業所/出張所などでは既設のビデオ会議を利用するといった、状況に合わせた導入が可能となっている。“デスクトップタイプ”モデルと既設のビデオ会議を接続することもできる。ビデオ会議端末数は最大200に拡大されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022771


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ