アクチュエイト、BIレポーティング製品の新バージョンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アクチュエイト、BIレポーティング製品の新バージョンを発売


掲載日:2008/07/01


News

 アクチュエイトジャパン株式会社は、様々な表現力を強化したエンタープライズBIレポーティング製品の新バージョン「Actuate 9 SP3」を、発売した。

 「Actuate 9 SP3」は、RIA(リッチインターネットアプリケーション)を容易に構築できるプラットフォームにより、インタラクティブ性に優れリスクを抑えた運用環境を構築可能とする製品。オープンソースBIテクノロジー“BIRT”(Business Intelligence and Reporting Tools)を実装しており、“BIRT Report Designer”/“BIRT Report Designer Professional”を使用して、視覚的なWebレポートや、リッチなダッシュボード、アドホック(その場限り)なレポートテンプレートを作成し、Webブラウザで配信することができる。

 今回の新バージョンでは、“BIRT 2.2”が実装され、ダイナミッククロスタブレポートや、レポートパラメータリストの複数選択に対応した。グラフタイプにはガント(帯状グラフ)/バブル/差異/円錐/円柱などが追加され、スタック/パーセントスタック/サイドバイサイド/3Dなどのユーザカスタマイズが可能となった。出力フォーマットにはPowerPoint/Excel/Wordなどが追加された。

 Webブラウザ上でインタラクティブにレポートを作成できるレポートオーサリング機能“BusinessReport Studio”では、テンプレートと様々な機能が強化された。また、単一サーバ構成でのプロジェクトや部門単位での用途向けに、迅速に稼働開始できるエントリーモデルのレポートサーバ「iServer Express」も追加された。なお「iServer Express」の価格は、25ユーザで45万円からとなっている。


出荷日・発売日 2008年6月18日 発売
価格 「iServer Express」:25ユーザで45万円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 ナレッジ共有型BIツール「Data Knowledge」 【クロスユーアイエス】 マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法 【ジャストシステム】 オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】
BI BI BI BI BI
専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。 大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 簡単操作でDBからデータを抽出し、集計・加工・出力処理できる「全社員のデータ活用を実現するため」のBIツール。ナレッジ/情報共有機能など、現場で役立つ機能を搭載。 マンガですぐ理解! 部門別で分かるデータ分析のお悩み解決法 豊富なテンプレート・徹底したサポートにより、「使いこなせる」BIツール。
分析が初めての方に必要な機能を1つにまとめたオールインワンパッケージ。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022766


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ