NECなど、建設業向けERPを2009年からの“工事進行基準”に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECなど、建設業向けERPを2009年からの“工事進行基準”に対応


掲載日:2008/07/01


News

 日本電気株式会社とNECソフト株式会社は、建設業向けに、2009年4月から適用される“工事進行基準”(工事進行途上でも進捗度に応じて売上を計上する方法)に対応したERPパッケージ「EXPLANNER/C R4.3」を、2009年2月より出荷する。価格は、800万円からとなっている。

 「EXPLANNER/C」は、営業/受注管理や注文/支払管理、工事原価管理、施主請求/入金管理、販売管理など建設業特有の機能を備え、各情報を統合DBシステムで一元管理できるパッケージ。Webブラウザで拠点や作業現場から簡易に利用することができる。今回出荷される「EXPLANNER/C R4.3」では、“企業会計基準委員会”(財団法人財務会計基準機構の内部組織)から公布された会計基準に基づき、機能を強化している。

 “工事進行基準”を適用する工事に対し、計上された請負金額/発生原価額/最終予想工事原価額をもとに、原価比例法(最終予想工事原価に対する現時点までの発生工事原価額の割合により工事の進捗度を見積もる方法)により、完成工事高(売上高)と消費税を自動計算することができる。

 “工事進行基準”に対応する工事と、従来の“工事完成基準”(完成引渡しをもって売上を計上する方法)に対応する工事を分離し、完成工事高/完成工事原価/工事未払金などを各々の基準別に管理することができる。また、両基準の工事とも、工事損失引当金を自動計上することができる。これらにより、決算業務を効率化でき、管理会計の精度向上を支援することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 800万円〜
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「販売管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「販売管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「販売管理システム」関連の製品

プロジェクト(契約)管理型フレームワークシステム New_PRM 【エー・ワークス】 食品卸売業向け販売管理システム SkynetGrocery 【東計電算】 販売管理・生産管理システム Hi-PerBT KIT3 【日立ソリューションズ西日本】 FutureStage 卸売業向け販売管理システム 【日立システムズ】 N-town販売管理サービス 【NEC】
販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム
ベースとなるシステムをカスタマイズすることで、汎用的なパッケージソフトでは対応できない個別業務やプロジェクトの管理に対応したシステムをコストを抑えて構築できる。 食材卸業務に特有の運用・業務をシステム化した食品卸業向け販売管理システム。ASP型での利用が可能。 システム構造化された部品群(テンプレート)を組み合わせることで、短期間・低コストで構築できる販売管理・生産管理システム。 販売管理・購買管理・物流在庫管理がシームレスに連携した卸売業向け基幹業務統合ソリューション。日本独自の商習慣に対応し、国内外取引を一元管理できる。 アパレル卸・小売業の業務に必要な機能を標準化することで、低価格でのサービス提供を実現。月額料金で利用可能な販売管理サービス。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022759


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 販売管理システム > 販売管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ