トレンドマイクロ、スマートフォン向け総合セキュリティを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


トレンドマイクロ、スマートフォン向け総合セキュリティを出荷


掲載日:2008/06/30


News

 トレンドマイクロ株式会社は、法人ユーザ向けにスマートフォン用総合セキュリティ製品「Trend Micro Mobile Security」(TMMS)を、7月22日より出荷する。「アドバンス」と「スタンダード」が用意され、100クライアントの参考価格は「アドバンス」が65万8000円、「スタンダード」が32万9000円となっている。

 「TMMS」は、クライアント/サーバ向けの統合セキュリティソフトウェア「ウイルスバスター コーポレートエディション 8.0」(ウイルスバスターCorp.)のプラグインで、「ウイルスバスターCorp.」に追加することでスマートフォンを集中管理できるセキュリティ製品。「ウイルスバスターCorp.」の管理画面で、スマートフォンの運用状況を集中管理できるほか、「TMMS」の機能設定やモジュールのアップデート操作を行なうことができる。スマートフォンが送信するログにより、アップデート状況やセキュリティ状況を把握でき、クライアント/サーバ/スマートフォン全端末の一元管理を可能としている。

 スマートフォンで読み書きされるデータをリアルタイムに検索し、ウイルス/スパイウェアの侵入を防止することができる。外部メディア内のデータは、読み書き時に加えスマートフォンに挿入した時点でも自動検索することができる。また、ポリシー設定が可能で侵入検知システムを搭載したファイアウォールにより、外部からの不正侵入やDoS攻撃などを防ぐことができる。

 「アドバンス」では、スマートフォン操作のための認証機能を管理でき、パスワードの長さや複雑さの指定に加え、有効期間などを設定でき、認証失敗時の動作を“管理者以外の操作を禁止”/“スマートフォン内のデータをすべて消去”などから選択することで、第3者による使用を防止することができる。また、スマートフォンに保存するデータをリアルタイムに暗号化でき、内蔵メモリ上の住所録やメールなどに加え、管理者が指定した拡張子のファイルやSDカードなどの外部メディア内のデータも暗号化でき、紛失や盗難による機密情報漏洩の危険性を低減する。

 これらにより、利用者のセキュリティリテラシー(セキュリティ対策の実行や、ルールの遵守に必要な知識とスキル)に依存せずに社内運用ポリシーの徹底を支援する。なおサポート対象機種は、ソフトバンクモバイル株式会社の「SoftBank X02HT」で、「SoftBank X01T」などが順次追加される予定。


出荷日・発売日 2008年7月22日 出荷
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022757


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ