NEC、クアッドコアXeon搭載のファクトリコンピュータを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、クアッドコアXeon搭載のファクトリコンピュータを出荷


掲載日:2008/06/30


News

 日本電気株式会社は、ファクトリコンピュータ「FC98-NX」シリーズで、クアッドコアXeonプロセッサを搭載し、マルチタスク環境やバックグラウンド処理などCPUへの負荷が大きい場面でも操作を快適化できる「S16W」を、8月29日より出荷する。

 「S16W」は、CPUにクアッドコアXeonプロセッサL5318(1.60GHz)、チップセットにインテル5100を採用し、最大4GBのメモリを搭載可能なファクトリコンピュータ。グラフィックスボード搭載モデルではPCI-Express ×16対応のグラフィックスボードを採用し、3次元画像や大容量動画などもスムーズ/高精細に表示でき、更に2画面(マルチ)表示にも対応している。デジタルDVI(Digital Visual Interface)/アナログVGAの出力端子も装備している。グラフィックスボード非搭載モデルを選択することもできる。HDDは、320GB SATA(Serial ATA)と160GB SATAの2種類が用意され、5インチのドライブベイに3台目のHDDを増設することもできる。

 PCI-Express ×8スロットとPCIスロット(32ビット/33MHz)を装備し、グラフィックスボード非搭載モデルではPCI-Express ×16スロットを拡張スロットとして利用することもできる。また、LAN(1000BASE-T)を2ch標準装備し、2系統の高速通信に対応しているほか、ネットワーク経由で本体を起動できる“Wake On LAN”機能を搭載している。セレクション/オプションで搭載できる、システムの異常検知/通知を可能とする“RASボード”の機能に、“アラーム情報保持機能”/“アラーム出力論理変更機能”/“RAS機能チェックツール”が追加されている。

 環境条件(温度/電源ノイズ/振動など)の厳しい場所での使用や、24時間連続稼働などが保証されるとともに、高性能化が図られている。また、5年間の供給期間、生産終了後7年間の保守期間が標準で保証され、オプションで“保守受付期間3年延長D”を登録すると生産終了後10年間に延長でき、ユーザの長期安定稼働を支援する。


出荷日・発売日 2008年8月29日 出荷
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022742


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ