GMOインターネット、下り最大7.2Mbpsのモバイル通信を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


GMOインターネット、下り最大7.2Mbpsのモバイル通信を提供


掲載日:2008/06/26


News

 GMOインターネット株式会社は、インターネットプロバイダサービス「ZERO」で、通信技術“HSDPA”(High Speed Downlink Packet Access)を使用し、最大通信速度が下り最大7.2Mbps(規格上の最大値)を達成したモバイル通信サービス「高速モバイル接続」サービスの提供を、開始した。

 「高速モバイル接続」サービスは、イー・モバイル株式会社のネットワークを利用したモバイル通信サービス。データ端末は“USBタイプ”を採用し、PCカード非対応のミニノートPCなどのモバイル端末でも利用することができる。OSはWindowsに加え、Macintoshにも対応している。利用形態により、2つの料金プラン“定額料金プラン”/“二段階定額料金プラン”を選択することができる。

 “定額料金プラン”は、利用パケット数に係わらず固定料金で使い放題のプランで、利用頻度の高いユーザに適している。“二段階定額料金プラン”では、利用パケットが一定量までは定額(下限料金)で、それを超えると従量制で課金され、更に利用が一定量を超えるとそれ以降は再び定額(上限料金)となる。月によってパケット利用の頻度が異なる場合に適している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「モバイル通信サービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイル通信サービス」関連情報をランダムに表示しています。

「モバイル通信サービス」関連の製品

法人MVNOサービスの実態を解説。データシェアやM2M対応が主流に 【ニフティ】
モバイル通信サービス
気になる法人MVNOサービスの実態を解説――データシェアやM2M対応が主流に

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022714


IT・IT製品TOP > 通信サービス > モバイル通信サービス > モバイル通信サービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ