KCCS、コンフィグレーション監査システムの新バージョンを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KCCS、コンフィグレーション監査システムの新バージョンを提供


掲載日:2008/06/25


News

 京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)は、米Ecora Softwareのコンフィグレーション(設定)監査システムの新バージョン「Ecora Auditor Pro. Version4.5」を、7月15日より提供する。価格は、1ライセンスで24万5000円となっている。

 「Ecora Auditor Pro.」は、UNIX/Windows/Ciscoなど様々なプラットフォームに対応し、大規模ネットワークに接続された様々な機器の設定情報を単一のコンソールで一元管理できる製品。収集したデータは、OracleやSQL Server、MSDE 2000(MicrosoftのDBエンジン)に格納でき、監査/報告/障害復旧/設定変更のトラッキングなどにも利用することができる。

 これにより、各種サーバ/アプリケーションのアカウント情報やセキュリティパッチの適応状況など、情報機器の資産情報を自動収集し、システムが常に適正な状態にあるかを監査することができる。また、SOX法やITILに使用可能なものなど900種類以上のレポートテンプレートが用意されており、変更履歴やサーバ間比較など様々な視点でレポーティングすることができる。

 今回の新バージョンでは、収集されたデータをWebで閲覧できる“コンプライアンスセンター機能”が追加され、ポリシーへの適用状況や傾向分析などをグラフィカルにレポートとして出力することができる。また、必要な情報のみを収集するための“選択収集機能”を備え、収集時間と使用するネットワーク帯域の削減が可能となった。エージェント機能も装備され、DMZ(非武装地帯)に存在するサーバのデータや、“誰が変更したか”などの設定変更の詳細ログも収集可能となった。

 レポート形式には、従来のCSV(カンマ区切り)とHTMLに、PDFとXMLが追加された。これにより、CMDB(構成管理DB)「HP OpenView Service Desk」/「BMC Remedy」(いずれも英語版のみ)などと連携することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 1ライセンス:24万5000円
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

必要だけど荷が重いシステム運用管理 他の企業はどうしている? 【東日本電信電話】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている? 【Veeam Software japan】 Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 IoTで製造現場の安全管理はどのように変わるのか? 【富士通】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
必要だけど荷が重い“システム運用管理” 他の企業はどうしている? システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている? 「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 IoT活用最前線――製造現場に新たな安全管理を、IoTで変わる現場

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022709


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ