採用:大和ハウス工業がインターウォーブンのCMSなどを導入

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


採用:大和ハウス工業がインターウォーブンのCMSなどを導入


掲載日:2008/06/25


News

 インターウォーブン・ジャパン株式会社は、大和ハウス工業株式会社が、自社のWebサイトの運用管理ワークフローを見直し、オペレーションの効率化とリスク管理を強化するため、インターウォーブンのCMS(コンテンツ管理システム)「TeamSite」などを導入し、稼働を開始したと、発表した。

 大和ハウス工業では従来、各部門で選任されたメンバーからなる委員会でWebに掲載する情報を検討していた。各部署で作成されたコンテンツは一旦情報システム部門に集約され、手作業で更新されていたが、分譲マンションの情報など最新コンテンツは各事業所などの現場から上がってくることが大半であるため、Web更新フローの全社的な見直しが求められていた。そこで“総合宣伝部”を創設し、本社の情報をトップダウンで流すとともに、イベントやキャンペーンの情報を的確/タイムリーに届けるために、現場から直接発信できるような方法を検討した。

 「TeamSite」は、短期間で導入できることや、国内のサポート体制が確立されていることなどから、今回の採用に至った。同時にWebコンテンツ作成ツール「LiveSite」とコンテンツ配信ツール「OpenDeploy」も導入し、現場でも容易にWebサイトを更新/管理できる仕組みを整えた。

 導入の際、既存の社員情報と「TeamSite」で使用するユーザ情報を同期させるため、ユーザDBで定義されている属性情報をActive Directory(Windowsに搭載されているディレクトリサービス)で扱えるよう変換するインターフェースを開発した。これにより、現場社員のコンテンツへのアクセス制限や、コンテンツの生成から承認、管理までの一連のワークフローを、人事情報に紐付けして行なうことが可能となった。

 また、ページ作成用テンプレートを3種類に絞り込んで開発し、すべてのコンテンツをこのテンプレート上で生成して、1回の入力作業で複数のコンテンツへと2次利用展開できるような仕組みも構築した。これにより、特にイベント情報では、現場の担当者がExcelで作成したコンテンツを、社員のユーザ情報との連携でそのままテンプレートに展開可能となった。大量のイベント情報ページを一括生成することで、関連する情報更新を自動化し、担当者の手間を削減した。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他WEB構築関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他WEB構築関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他WEB構築関連」関連の製品

Liferay Portal 【イージフ】
その他WEB構築関連
ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022701


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ