ハイパーギア、文書管理と連動するXML利用の認識システムを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ハイパーギア、文書管理と連動するXML利用の認識システムを出荷


掲載日:2008/06/17


News

 株式会社ハイパーギアは、XMLにより文書管理システムと容易に連動できる、手書き文字/チェックマーク/QRコード(2次元コード)認識システム「HG/PscanAuto」を、6月20日より出荷する。価格は、オープン価格となっている。

 「HG/PscanAuto」は、紙文書を電子化して文書管理システムに登録する際に、手書き登録シートで文書名や分類などの属性を自動的に付与できる認識システム。“PscanAutoデザイナ”/“PscanAutoリーダ”が含まれている。誤り訂正機能をもつQRコードと、チェックマークや手書き文字の組み合わせにより、固定的な情報はQRコードで、選択肢から選ぶものはチェックボックスで、数量/日付/IDなどの可変部分は手書き文字認識で、と使い分けられるため、属性設定の精度と作業性を向上させることができる。QRコードは暗号化できるため、ユーザに知られたくない情報をシートに含めることもできる。

 “PscanAutoデザイナ”は、認識項目の形式や、認識結果の変換方法などの情報をXMLで準備することで、登録シートを自動的にレイアウトし、スキャン認識用のPDFやフォーマットファイルを自動的に生成することができる。これにより、文書管理システムから分類/登録先などの情報をXMLで書き出すことで、連携して大量の登録シートを機械的に自動生成することができる。

 “PscanAutoリーダ”は、登録シートをマークしてスキャンすることで文書管理システムに自動登録することができる。複数の登録も登録シートごとに分割することができる。自動登録サーバにより、スキャンを監視し、QRコードや手書きチェックマークなどを認識して、PDF変換や白紙除去などを行ない、出力フォルダに書き込むことで、自動的に文書管理システムと連携し、登録することができる。これらにより、文書管理システムとの連携が容易となり、作業性を向上させることができる。


出荷日・発売日 2008年6月20日 出荷
価格 オープン価格
ニュースリリース 企業サイトへ

  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

エンタープライズコンテンツ管理(ECM) OnBase 【Hyland Software】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】 文書管理システム DocuMaker Office 【ファインデックス】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
紙文書を含む多様なコンテンツの統合管理/情報活用/ワークフロー化/業務システム連携などを容易に実現するエンタープライズコンテンツマネジメント(ECM)ソリューション。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。
CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 ●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。
紙で運用している文書やシステムで記載している文書、Word・Excelで作成している文書などの作成、活用、保存を一元的に統合管理できる文書管理システム。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20022615


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ